パクリ大国「大江戸温泉物語」上海に開業!ここまでやる。

上海にそっくり「大江戸温泉物語」開業!日本とは一切関係ない!

今月21日、上海に温泉施設がオープンした。

これが、日本の「大江戸温泉物語」とそっくりの施設である。

笑えるほど似ている。

中国のパクれ天国は有名だが、

ここまでやるとは、

それこそ、”開いた口がふさがらない”である。

本当にびっくりである。

少しよく見てみよう。
まず名称だが。


日本:「大江戸温泉物語」

上海:“大江戸温泉物語”

ロゴは同じ表現である。
上海の店内に入るとすぐに、くまモンのぬいぐるみ(これもパクリ)

さすがに東京にはこれはない。

日本の「大江戸温泉物語」側は「海外では法人などを設立しておらず、いかなる企業とも業務提携等を行っていない」「営業に関して一切関係ない」としています。

まったくのパクリである。

日本側は、これから対処を検討するとしている。

上海では結構受けているらしい。

お客も、日本のものとしてきているようである。

中国人は相変わらず身勝手な人種だ!

上海に“大江戸温泉物語”? 日本側「一切関係ない」
TBS系(JNN) 12/23(金) 17:56配信
東京にある温浴施設「大江戸温泉物語」と同じ名前の施設が、中国・上海にオープンしました。しかし、日本側は、「一切関係ない」とコメントしています。

上海市内に今月21日、スーパー銭湯がオープンしました。訪れてみると・・・

「店の看板を見ますと、日本でも知られる『大江戸温泉物語』と書かれています。店のロゴは、日本のものと非常によく似ています」(記者)

店の看板は、東京・江東区にある温浴施設「東京お台場 大江戸温泉物語」のものとよく似ています。ところが、日本の「大江戸温泉物語」側は上海の施設に関して、22日、コメントを発表。「海外では法人などを設立しておらず、いかなる企業とも業務提携等を行っていない」「営業に関して一切関係ない」としています。

日本側が注意を呼びかけた上海の施設とは・・・。店の入り口には熊本県のキャラクターの「くまモン」のぬいぐるみがずらり。店内では、日本食も食べることができ、オープン早々、にぎわっています。

「日本の大江戸温泉が上海にチェーン店を出したと聞いて、どんなものか見に来ました。日本は遠いけど、ここは近いので」(訪れた人)
「日本でも有名な温泉が上海にも出店したと聞いて、見に来ました」(訪れた人)

取材に対応した上海の施設の日本人責任者は、「日本の大江戸温泉物語が上海とは関係ないと発表したことは知っている。改めて見解は述べる」としています。

海外ブランドの商標侵害などが相次ぐ中国で新たに浮かび上がった盗用疑惑。今後の両者の対応が注目されます。(23日16:19)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする