福岡賭けマージャン市長辞任!棒に振る年収は、家族は?

ようやく辞任、賭けマージャン市長!福岡県飯塚市。棒に振る年収は?

関連記事:真昼間に賭けマージャン!飯塚市の市長と副市長。「道義的責任はある」

福岡県飯塚市の斉藤守史市長と田中秀哲副市長が平日昼に市庁舎を離れ、賭けマージャンを繰り返していた件で、

11午後、市長と、副市長が記者会見で辞任を発表する。

少し遅すぎたと思いますが。

斉藤守史市長は賭けマージャンが発覚してから、

代表取締役会長を務める、食品製造販売会社「一番食品」のすべての役職を辞任したと発表しています。

ちょっと話が逆でしたね。
市長辞任が先でしたね。

それなら、食品製造販売会社「一番食品」の役職は辞任せずに済んだのではないでしょうか?

世間を甘く見すぎたのではないでしょうか?

ここで、斉藤守史市長はいったい年収でいくら失ったか見てみましょう。
この食品製造販売会社「一番食品」の役職手当は大体1000万円くらいだそうです。


あと、一般的な市長職の平均年収は1863万円だそうです。

あわせると、2000万~3000万円の年収だったことになります。
私は賭けマージャンで市長職と約3000万円の年収を失いました。

ですね。

家族のことも調べましたが、

今のところ情報はありませんでした。

家族の皆さんは大変な思いをしていることでしょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする