河合美智子さん脳出血のリハビリ中、ステージ立てるの?

河合美智子さんリハビリ中、脳出血のリハビリってどんなことするの?

女優で、「オーロラ輝子」の名前で歌手としても活躍する河合美智子さんが脳出血で倒れました。

発症は昨年夏です。

現在は、原宿リハビリテーション病院を10日に無事退院したそうです。

今後は通院しながらのリハビリになります。

突然襲う、脳出血って怖いですね。

河合さんも稽古中のことだったそうです。


症状が出たのは、右足が動かなくなり、椅子にも座れなくなってしまって だそうで、

幸いにも、近くにいたロデューサーが異変に気づいて119番したそうです。

早い対応ができてよかったですね。

関連記事:河合美智子さん脳出血で闘病中!元夫は何している?

救急車内では、しゃべれなくなり、右腕が動かなくなり だったそうで、

それでも発見が早く、大事に至らなかったのは本当にラッキーでしたと言っています。

さて、病院でのリハビリも専門の方のもとで行って、

一日3時間が限度の運動を毎日続けたそうです。

現在は、自宅からの通院リハビリです。ここまでは、順調のようですね。

ここからが、大変なことがあります。

昔は「6か月の壁」と言われていたそうですが

現在でも死語になった訳ではなさそうです。


参考:ためしてガッテン「つかむ!歩く!脳卒中 夢のリハビリ最前線」

人間の麻痺は、6か月を過ぎると急激に改善しなくなるそうです。

これを「6か月の壁」と言っています。

リハビリの目的も機能回復ではなく「今ある機能の維持」が目的となるそうです。

河合美智子さんは幸い症状が軽かったそうで、

集中治療のためまず1カ月半の間、都内の病院に入院。

その後、原宿のリハビリ病院に転院し右半身の後遺症の完治を目指した。

幸い言語障害も残らなかった。

リハビリメニューを作った先生が選んだのは、

星野源のヒット曲「恋」から生まれた“恋ダンス”や卓球を採り入れてくれたそうです。

リハビリ清水先生は「やらされていると思ったら駄目ですが、河合さんはポジティブでした」と褒めていました。

本当に良かったですね。

昨年12月13日にはリハビリも兼ねてNHK大阪の歌番組に生出演してきたそうです。

病気に気づいた観客はいなかった。

本当にポジティブなところがよかったのですね。

まだ歩き方が、少し変ですが大丈夫!

必ず舞台のあいさつに立つ言っています。
応援しています。頑張て下さいね!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする