神山繁さん死去、ザ・ガードマン名脇役・神山さん逝く!最後は。

ザ・ガードマン名脇役・神山繁さん逝く!米寿目前で!


映画、ドラマの数々の作品の名脇役で知られた、

俳優の神山繁さんが亡くなった。

87歳だった。今日16日が米寿の誕生日だったという。
僕らが知っている代表的な作品は、

なんといっても「ザ・ガードマン」である。


通称キャップ役の宇津井健宇津井健さんを主役に

榊隊員役で神山繁さんは出ていた。

ガードマンと言う言葉がまだ定着していない時代だった。

ワクワクしてテレビの前で見ていた。

必ず事件は解決するのだが、

刑事ものとは違った面白さがあった

名脇役・神山繁さん死去 87歳「ザ・ガードマン」「踊る大捜査線」などに出演
デイリースポーツ 1/16(月) 15:17配信

テレビの人気アクションドラマ「ザ・ガードマン」(1965~71年)や、「踊る大捜査線」シリーズ、「アウトレイジ ビヨンド」(2012年、北野武監督)などに出演し、名脇役として知られた俳優・神山繁(こうやま・しげる)さんが今月3日に亡くなっていたことが16日、分かった。87歳。所属事務所が同日、公式サイトで訃報を伝えた。

神山さんはきょう16日に米寿(88歳)の祝いを迎えるはずだった。

所属事務所によると、「葬式無用、戒名不要」という生前の本人の意思を尊重し、近親者のみで葬儀を行ったという。

神山さんは海軍経理学校(38期)出身。趣味は陶器などの美術鑑賞で、現在は京都に暮らしていた。英語も堪能で、ハリウッド映画「ブラックレイン」(89年、リドリー・スコット監督)にも出演。2007年にはNHKの教育番組「英語でしゃべらナイト」に最高齢で出演している。

1952年、文学座に入り、演出助手の後、俳優に。75年に演劇集団「円」の旗揚げに加わった正統派の新劇俳優。気骨があり、地位も品もある役柄を多く演じた。

出演作は多岐にわたり、映画「にごりえ」(53年、今井正監督)、近年は「ホーム・スイートホーム」(2000年)で、痴呆症状が現れ始めた元オペラ歌手の父親役を主演した。ほかに「踊る大捜査線 The Movie 2レインボーブリッジを封鎖せよ!」(03年、本広克行監督)など。

また、名役者がいなくなりました。

静かな最後だったそうです。

ご冥福をおいのりいたします。 合掌!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする