つんく♂さん、会話する。食道発声法?

つんく♂さん、やったー 会話戻ってます!


つんく♂さんが加奈子夫人の耳元に近づいて何かを囁いている!

こんなシーンが見られました。

そうです、会話です。

手術後、筆談やLINEなどがコミュニケーションを取っていた彼ですが、夫婦で会話ができるようになっていました。
これは「食道発声法」と言うものだそうです。

これを訓練し会話を獲得したのです。

訓練は大変だそうですが「今は家族やスタッフとは何とか意思疎通できるようになってきました」と言っています。

本当によかったですね。

これからますます活躍しそうですね。
「食道発声法」とはどんなものでしょうか?

食道発声(しょくどうはっせい)は、喉頭の摘出手術で声帯による発声が不可能となった者(以下、喉摘者と略)にとっての発声方法の一つ。
原理としては、空気を一旦食道に飲み込み、腹の圧力で押し出し、食道の粘膜を振動させることによって声を出す。げっぷが出るときにも音が鳴るが、食道発声はいわば本来無意識な現象であるげっぷを人為的に出し、この音を声とするものである。
喉摘者の発声方法としては食道発声のほかに、人工的に作られた電気式人工咽頭、手術で食道と気管を繋ぐことで声を出すシャント発声などがあるが、喉摘者に発声を指導する日本の公益法人・銀鈴会では、特殊な手術や器具が不要なことや、余計な費用がかからないなどの点において、食道発声はほかの発声方法よりも多くの面で優れているとしている。熟練者は歌もうたえる。
一方、声を出すまでの練習が必要なため、練習途中でこの方法を諦める喉摘者も多く、ある程度の体力を要することから、摘出手術後の経過具合や老齢などの理由で体力の劣る喉摘者には不向きである。発声が可能となった後でも、大声や長時間の発声が困難といった短所の指摘もある。
ウィキペディア

「食道発声法」:https://youtu.be/R3bV1YXT4dE

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする