全豪テニス・ジョコビッチ敗れる、日焼け対策は?錦織にチャンス?

ジョコビッチ敗れる、波乱の全豪テニス、錦織は?

全豪オープンテニスのシングル2回戦で、

第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が1-3で敗れた。

相手は世界ランキング117位のデニス・イストミン(ウズベキスタン)


ジョコビッチが四大大会での2回戦敗退は2008年のウィンブルドン選手権以来。

波乱の全豪オープンテニスとなった。

オーストラリアは現在真夏!

強い日差しが連日コートを照らしている。

観戦者の日焼け対策はどうしているのだろうか?

観戦者を見ると、それほどガードしているようには見えない。

ただ、帽子とサングラスは多い。

日焼け止めクリームを常用しているのだろうか?

現地の人のアドバイスはやはりがっちりと日焼け対策はしているようです。

以下にアドバイスをまとめます。

日本人用みたいですね。
その対策として帽子、サングラス、日焼け止めなどを持っていくのがおすすめです。

日焼けしたくない方は、折り畳みの日傘などがあると安心です。

暑さ対策としては冷却スプレーや水に浸すとしばらく冷感が持続するタオルなど、便利グッズを利用するのがおすすめです。

また熱中症の対策として、塩分補給も忘れないようにしたいところです。スポーツドリンクや塩分入りの飴などがあるといいですね。

日陰でも気温が高いと暑いので、うちわや扇子などを持っているといいかもしれません。

第2シードの、ジョコビッチが敗れたことは、

錦織選手の決勝の対戦は

ナダルか、モンフィス当たりでしょうか。

少しチャンスが出てきましたね。

でも、決勝まで行っての話ですね。

その前に、マレーとの対戦が待っているようです。

錦織選手は怪我の心配が付きまといます。

取りこぼしなく、怪我なく勝ち上がることを応援しています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする