曜変天目茶碗の値段は?12億の茶碗(画像あり)はこれだ!

曜変天目茶碗の本当の値段はいくら?

関連記事: 曜変天目再現の長江惣吉氏ってどんな人、作った茶碗と値段は?

曜変天目茶碗の値段はわかる?推測は?

スポンサーリンク


なんでも鑑定団が番組内で曜変天目茶碗に2500万円をつけた。

この茶碗に陶芸家が疑問での声を上げている。

窯業で知られる愛知県瀬戸市在住の陶芸家・九代目長江惣吉氏である。


番組を見て、いかにも偽物、黙っていては父にもうしわかない!

その他、内外の研究家も疑問の声を上げている。

鑑定団2500万円の値段を付けた。

これはあまりにも安すぎる値段だと言う。

では、実際に本物がオークションに出たらいくらの値段が付くのだろう?
参考にできるのは、ワンランク下とされる「油滴天目茶碗」は昨年、それぞれ1品ずつ出品されていたという。

この値段は、1件は108万5000ポンド(約1億5000万円)(サザビーズ)

もう一件は、1170万ドル(約12億円)(クリスティーズ・ジャパン)

と、どちらも今回の鑑定結果を大きく上回る。

スポンサーリンク


「油滴天目茶碗」で

ワンランク下でこの値段である。

そうすると、最低でも約1億5000万円を超えると想像できる。
それにしても、12億円の茶碗とはどんなものだろうか?

ここに写真を入手したのでご覧ください。

黒田家伝来の油滴天目茶碗

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする