山形樹氷のライトアップ写真が超幻想的!服装や時間帯は?

山形の樹氷が見ごろだ!

今年も順調に樹氷が成長して見ごろになった。

ご存知の方も多いが、樹氷と言えば山形蔵王である。

蔵王の名物である。

その樹氷を見ながら滑るのが爽快である。

その魅力を見てみよう。

一番は、樹氷原コースを滑るのがなんとも言えない。

本当に「アイスモンスター」 である。

その中を、パウダースノーの新雪を舞い上げて挑んでいく!

なんという爽快感!

処女の平地を克服するようである。

一度は試して、感じてほしい一瞬である。

キラキラした舞い上がる粉雪と雪の塊の雪像群!

その中を突き進む自分!

もう体は震えるくらいの感動が待っている。

本当に体験してほしい。

この感動が、今、山形の蔵王の樹氷である。

また、夜の樹氷もすごい!

ライトアップの時間です。

例年/12月下旬~3月上旬期間の50日間程度

場所 山形市蔵王温泉・蔵王ロープウェイ山頂線沿線および地蔵山頂駅周辺
電話 蔵王ロープウェイ(株)023-694-9518
交通 バス:JR山形駅から蔵王温泉行(約45分)・蔵王温泉下車
蔵王ロープウェイ山麓駅~樹氷高原駅~蔵王地蔵山頂駅(約20分)
時間 17:00~21:00(上り最終/~19:50まで)
その他 ※マイナス10℃以下になりますので、防寒対策を万全にしてご観賞ください。
※スキー・スノーボードの持ち込み、滑走はできません。
※悪天候の場合、中止になることがありますので事前にご確認ください。
料金 ※詳しくは、蔵王ロープウェイ「樹氷ライトアップ情報」をご覧ください。
蔵王ロープウェイホームページ:http://zaoropeway.co.jp/

蔵王ロープウェイ「樹氷ライトアップ情報」:http://zaoropeway.co.jp/zao/winter/lightup.html

ここで服装は?寒いの苦手!と言う人のために。

蔵王は山です!

日中、夜の見学にかかわらずしっかりと防寒して行きましょう。
日中、夜に関わらずスキーウェアがあるなら滑る時の装備で行くのがベストですが、一番大事なのは肌の露出を極力避けるということです。
日中でも-10℃前後ですから。(夜は-20℃)
普段着ならば上はちょっとオーバーかなというくらい着込んだ方がいいですし、下はスキー用のインナーを中に履いていった方がいいです。
足元が冷えますから、これまたスキー用の靴下か厚手の靴下を2重に履いてもいいです。
帽子、耳あて、手袋、あとは顔をカバーするのにネックウォーマーかマフラーがあればベストです。(鼻毛が凍ります)
靴に関しては普通の靴でいいですが、防水スプレーを吹きかけておいた方がいいですし、外を歩くなら頂上で長靴を無料で貸し出しています。
前日に雪が降り積もらなければ結構踏み固められています。

必ず、水分と軽食は追っていきましょう。

ぜひ、行ってほしい。

スキーをしない人はどうするの?

大丈夫ですよ!

スノーモービルツアー等もあります。

スキーが不得意で運動が苦手な方!?

温泉が好きで、地酒なほうが好きな方。

大丈夫ですよ!

現地 山形蔵王は思いを受け止めがっかりはさせませんよ!

一度お問い合わせを!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする