【花粉症】豆乳アレルギーの対策は?検査と治療が大切!

花粉症の人の豆乳アレルギーの対策は?検査と治療が大切!

花粉症のアレルギーの対策は?検査と治療が大切!

関連記事:東京花粉飛散いつから、今年の対策はこれだ、マスクと目薬。衣類も注意!

花粉症の人が豆乳で口腔アレルギー発症が増えている。

中にはじんましんや呼吸困難など「アナフィラキシー」と呼ばれる症状を起こす人もいる。

要注意である。

では対策はどうだろうか?

基本的に花粉症の人は、一気になまないことだ。

まず、ちびちび飲んでほしいという。

口の中が少しイガイガする感じなどが出たら即、飲むのをやめてほしい。

味噌や醤油、煮豆等を採っても症状が出ない人も多い。

大豆には、アレルギー発症物質のアレルゲンと似た物質が含まれていて、

発酵や加熱でアレルギーがほぼ起きなくなると言われている。

自分の体質を知る。
花粉症の人は是非やっておいて欲しいことは、

アレルギーの検査である。

医療機関で簡単にやってくれるので、是非お勧めする。

また、不幸にも発症したら、直ちに医療機関の受診をお勧めする。

簡単に考えないでいただきたい。

もしかしたら、命のかかわると覚えていてほしい!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする