曜変天目茶碗の真贋は?調査中止はなぜ?ラーメン店はどこ?

なんでも鑑定団での曜変天目茶碗の真贋は?調査中止はなぜ?

曜変天目茶碗の真贋は?調査中止はなぜ?所有者は誰?

「なんでも鑑定団」で「国宝級の茶碗」と太鼓判押押された曜変天目茶碗。

徳島県教委が一転して、文化財の調査を中止した。

スポンサーリンク


所有者から調査中止の申し出があった為としている。

それではいったい中止にしたのだろうか?

関連記事:なんでも鑑定団大金星「曜変天目茶碗」発見!持ち主は?

関連記事:曜変天目再現の長江惣吉氏ってどんな人、作った茶碗と値段は?

関連記事:曜変天目茶碗の値段は?12億の茶碗(画像あり)はこれだ!

「なんでも鑑定団」で「国宝級の茶碗」と言われた曜変天目茶碗に、

ほかの専門家から疑義が上がったためである。


まずは、親子二代で曜変天目茶碗の再現に取り組んできた、

陶芸家、陶芸家・九代目長江惣吉氏である。


番組を見て、いかにも偽物、黙っていては父にもうしわかない!

こう言って偽物説を唱えるうちの一人だ。

では、九代目長江惣吉氏を見てみよう。

スポンサーリンク



長江さんは、瀬戸物で知られる愛知県瀬戸市で親子2代で曜変天目の再現に挑んでいる

再現に人生をかけた中国・宋時代の茶碗(ちゃわん)がある。

世界に三碗しか現存しない「曜変天目(ようへんてんもく)」。

しかも、すべて国宝。

きらめく星紋が茶碗の見込みに散らばり、妖しく虹のように輝きゆらぐ光彩は、宇宙を映しだす。

瀬戸の上品野町(かみしなのちょう)で代々続く窯元の家系に生まれた陶芸家、九代目長江惣吉(ながえそうきち)さん(48)は、その宇宙の美に魅せられ、日々、技術者のように研究に打ち込んでいた。
先代の父は、曜変天目にのめりこみ一生を終えた。

自分は、同じ道を歩むとは思っていなかったと語っている。
父親みたいに取りつかれるとは思っていなかったと言っていた男が、父親以上にのめり込んだ。

曜変天目に詳しい美術館学芸員は「番組で紹介された茶碗は、本来のものと模様が異なる上、模様がつかないはずの部分にも模様があった」と話した。

では現在の所有者はどう思っているのだろうか?

所有者は、徳島市明神町1の橋本浩司さん(56)=ラーメン店店長。

そのラーメン屋は巽屋 (タツミヤ)

場所は徳島市住吉5-68-1にあるようです。

現在所有者の方のコメントはありません。

現在、県教委の担当者は「茶碗は個人の所有物なので、所有者の協力がなければ(調査で)専門家に見せることができない」と困惑。今後、所有者から再度申し出があれば調査を検討する。
確実な再鑑定をして真贋を発表してほしいのだが???

期待して待っています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする