上野洋明氏の記者いじめ!素顔と経歴は?素人女性記者を滅多打ち!

上野洋明氏の記者いじめ!有段者が素人女性記者を滅多打ち!

警視庁捜査1課長の上野洋明氏が竹刀で23歳美人記者をめった打ち!!

1月26日の午後に行なわれた武道始式が行われた。

式では試合が行われた。

そこで、「TOKYO MX」の新人女性記者のAさんと上野洋明捜査1課長が対戦した。

この試合で、上野洋明捜査1課長は、周りがシーンとなるくらいに、

素人記者をボコボコにしたのだ。

しかも、防具のついていないところを狙って打っていたという。

これが、警察官か?

犯人逮捕時ならまだわからないでもないが、

式典内での対戦である。

警察というところは、式典に参加してくれた一般人に、

しかも素人に、なりふり構わず、暴力的になれるのか?

恐ろしい光景が目に浮かぶ。

この女性記者は、友好のつもりで参加したと思える。

それを踏みにじっての殴打である。

こんなものは試合ではなく、暴力である。

合法的な暴力!!

この上野洋明捜査1課長、暴力をふるって怪我をさせたのだ!

全治3週間のけがっをさせたのだ!
合法的といっても、ほとんど犯罪に近いのではないか?

傷害罪ではないのか?

しかし、見ていた人が止めなかったのはもっと情けない。
神聖な道場での、暴力事件!

そうでなくても、そう取られてもおかしくはないだろう?

さて、上野洋明捜査1課長の経歴だが、

上野洋明は北海道八雲町出身であり、高校球児として育ってきたこともあり、警視庁内では部下に厳しすぎるとの声も上がっている人物だ。

過去には城東警察署の署長や第一機動捜査隊の隊長などを務めた経歴があり、1983年に警視庁に入庁を果たす。

2014年には特殊犯罪対策官を務め、捜査一課には警部補時代から合計で12年間勤務し、2017年2月13日には警視庁一課長に就任した。
かなり、厳しい捜査をする部署を歩いてきたようですが。

だからと言って、素人を、試合と言って怪我を負わせていいはずがありません。

反省を促します。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする