高松大樹氏トップ当選!嫁と家族は?経歴もチェック!

高松大樹氏当選!嫁と家族は?経歴もチェック!

サッカーの元日本代表FWの高松大樹氏が大分市議選でトップ当選した。

16年シーズン限りで現役引退したばかりの選手である。

Jリーガー生活17年間のうち16年を大分で過ごした“ミスター・トリニータ”は「世界に誇れる街大分へ」とスポーツを生かした街づくりを訴えた。

これから市議として子供たちに夢を与えるスポーツ教育の実現を目指すとのことである。


それでは、“ミスター・トリニータ”だった、

高松大樹氏の経歴を見てみましょう。
高松 大樹(たかまつ だいき)

愛称    ミスタートリニータ

国籍    日本

生年月日   1981年9月8日(35歳)

出身地    山口県宇部市

身長    183cm

体重    80kg

選手情報
ポジション  FW (CF)
利き足    右足

ユース
1997-1999 多々良学園高校

クラブ
2000-2016   大分トリニータ
2011      →FC東京
文字通り、大分トリニータでそのサッカー人生を歩んできた人だ。

昨年で引退し突然の大分市議への挑戦である。

周囲はびっくりしていたようだ。


本人のブログで発表すると、

私、高松大樹はこの度、大分市議会議員選挙に立候補することを決意しました。

昨年、引退を決意してから、自分にできることを試行錯誤しながら色々と考えてみました。私のすばらしい経験は、地域の方々の支えなしには不可能でした。スタジアムでの応援、あるいは多くのイベントでの応援など、感謝しかありませんでした。

その感謝を考えた時に、地域への恩返しで大分市議会議員になることを自ら決意しました。

サッカー界から政治の世界への転身は、厳しいものがあるとは覚悟の上です。

よろしくお願いします。 高松大樹

サポーターにささえられながら選挙戦を戦った。

結果は、トップ当選!

良かったですね!

おめでとうございます。

スローガンは「スポーツを活かした街づくり」だった。(1)子供たちが夢を語れる街づくり(2)誰もが手軽にスポーツができる街づくり(3)スポーツをバネにした活力ある街づくりの3点を掲げ、スポーツ指導者の育成システム構築、高齢者や障がい者のスポーツ環境を整える、スポーツ大会を活用した経済活動拡大などを政策に掲げた。

是非実行してください!
それでは、高松 大樹氏の妻と家族はどうでしょうか?
奥さんは
お名前 美由紀さん
1979年1月18日
大分県大分市在住
職業は会社員

結婚 2004年1月18日

奥さんの誕生日に入籍されていますね。

年上なんですね。

お子さんですが、

一緒に買い物しているところや、

お嬢さんで2006年誕生の情報はあります。

ただ、確証はありません(あしからず)

でも、大変仲の良い家族ようですね。

これから新人議員としてご家族も大変でしょうが頑張ってください。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする