北川悦吏子の病気は今どう?結婚は子どもはいるの?

北川悦吏子の病気って何?今どうなっている?結婚は子どもは?

2018春NHK朝ドラが発表された。

脚本は北川悦吏子氏、朝ドラ『半分、青い。』に決定した。


北川悦吏子氏は難病を抱えながらの執筆家である。

特に、自身の持病の影響か、その方向の作品がある。
今回の作品も、

子供の頃に病気で左耳を失聴したが、それを乗り越えた失敗を恐れないヒロイン・鈴愛(すずめ)が、ユニークな発想力を生かして七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎ出していくとのことです。

では現在の北川悦吏子氏自身の病気や身体的状況はどうなのでしょうか?
脚本家・北川悦吏子が自身の難病については、

炎症性腸疾患(IBD)と言っています。

その難病に罹患していることが執筆活動の原動力になっている部分となり、「自分で自分にメッセージを送っている」とも言っています。

とにかく健康な人は、「病気だったら医者に行ったら治る」と思っているけど、そうじゃないんだよね。ほとんどみんな様々、色々な症状が出てよくわからないというのが実際だと思うと言っています。

治療方法が分からないから、「難病」何ですね!
私の書くヒロインは、たぶん難病でも、元気な人が多いと思う。

『オレンジ・デイズ』の柴崎コウちゃんとか、乗っけている部分があるんだよね。

自分自身が、そういうヒロインに励まされたい。とも言っています。
現在は小康状態のようですね。


北川悦吏子さんは結婚されたのでしょうか?

1993年に結婚しています。

旦那様は石原耕太さん56歳です。

通信会社勤務しているそうです。


お子さんは、1997年娘さん誕生しております。

埜々香さん19歳だそうです。

よく、難病に向かいながら、

結婚、出産、育児とすごい人ですね!

頭が下がります。


これからも、お体に気を付けて頑張ってください。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする