本蔵義信の経歴と学歴は?なぜ開発技術を?収入は?

愛知製鋼の元専務本蔵義信容疑者が逮捕された。

自身が開発に携わった技術をなぜ漏らしたのか?

金銭目的か?

会社まで立ち上げて!

容疑者の学歴と経歴です。

名古屋大学で磁性物理を専攻し、磁気工学分野の開発に従事
磁性材料および磁気回路設計の専門家として工学博士号を取得
愛知製鋼の電磁事業部門を立上げ売上100億円以上の事業に育成
その間、02年愛知製鋼の取締役、10年専務取締役の就任。
主な開発実績
1) 軟磁性ステンレス鋼の開発(自動車用燃料噴射弁用)
2) 非磁性ステンレス鋼の開発(VTRのマイクロシャフト用)
3) デンタル用磁石の開発(磁石式入れ歯用)
4) MIセンサを使った電子コンパスの開発(スマートホン用)
5) DyフリーNd系異方性ボンド磁石の開発(世界最強のボンド磁石)
6) 50%軽量モータの開発(自動車向け小型モータ用)・磁性材料からモータ、センサ、デンタル製品までは幅広く経験。
現在、日本磁気学会の副会長、MSJエネルギーマグネティクス専門研究会の委員長、MSJ超高感度マイクロ磁気センサ専門研究会の委員長を兼務。

出典マグネデザイン株式会社

<MIセンサの構成>

この技術の世界では超有名人ですね。

なんでこんなことをやったのでしょうか?

自身が開発にかかわってかなりの成果を上げている人です。

技術者の鏡のような方だったのですよ!!


技術の世界におれば、バレるのはわかっていたのではないでしょうか?

本当に理解のできない事件です。
収入の情報はありませんでした?

また、情報が入り次第報告します。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする