「甲州ワイン」が金賞!三澤彩奈って誰?人気の理由と銘柄は?

こんにちはバリカンです!今日もありがとうございます。

「甲州ワイン」で金賞を取った!三澤彩奈の旦那は?


「甲州ワイン」が人気沸騰中である!

しかも、意外と世界のコンテストで金賞を取っていることが知られていない。

山梨特産ブドウ「甲州」種!

このブドウで造ったワイン「甲州ワイン」!


世界最大級のコンクールで金賞を受賞!!

世界約90カ国で発売されているイギリスのワイン雑誌『デキャンタ』。この雑誌が主催する世界最大級のワインコンクール「デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード」は、最も金賞を取ることが難しい世界的アワードのひとつで、信頼度の高さでも知られる。

2014年、世界各国から1万5007銘柄が出品されたこの大会で、彩奈が醸造した白ワイン「キュヴェ三澤 明野甲州2013」が日本のワインとして初めて金賞を受賞したのだ。金賞を得たのは158銘柄で、全体のわずか1%という狭き門。同時に、アジア地域の最高賞「リージョナルトロフィー」も獲得した。

続けて2015年も金賞に輝いた。

この「甲州」ブドウで造ったワインが海外で評判なのだ。

受賞したのは、中央葡萄酒株式会社の女性醸造家が作った「キュヴェ三澤 明野甲州2013」!

彼女の名は、 三澤彩奈さんである。


プロフィール

三澤 彩奈 (みさわ あやな)

生年月日     1980年生まれ(35才)

職業     日本のワイン醸造家。

2005年、単身で渡仏、ボルドー大学ワイン醸造学部を卒業。

その後、フランス・ブルゴーニュ地方にて研修、

翌年にはフランス栽培醸造上級技術者という資格を取得した。

2007年には、南アフリカ・ステレンボッシュ大学大学院へ留学。

中央葡萄酒 取締役栽培醸造部長、ミサワワイナリー醸造責任者、三澤農園栽培責任者

2014年に日本で初めてのデキャンター・ワールド・ワイン・アワードの金賞特別賞を受賞した

執筆およびワインコンテスト審査員なども務める

父      中央葡萄酒株式会社オーナー三澤茂計氏
三澤 彩奈さんの作るワイン「グレイス甲州」は、

英国のワイン雑誌「デキャンタ」が選ぶ16年のワイン・トップ50にランクインするなど評価が高まっている。


「甲州ワイン」の特徴!

とにかく日本在来種「甲州種」ぶどうを使ったワインと言うことです。

和食にあうワインと言われています。

和食の代表、酢の物、ウニ、生ガキ、いくら、みそ、醤油・・・

これらの食品とも会うと言われています。


一般的なワインでは、酢の物や、生もの、みそ、醤油などは合わないものとされていました。

しかし、「甲州ワイン」はイケるのです。

ヨーロッパのワインをグラマラスな女性とすると、

甲州ワインは柳腰のしなやかな女性と評価できます。

どちらも芯はしっかりしています。

上手にあやしてくれるヨーロッパワイン、

邪魔せずさらりと付き合う甲州ワイン、日本美人のようです。


今や、和食にあうワインとして評判なのですね。

どんな銘柄が人気なのでしょう?

甲州種を使っているワインはすべて人気です。

特別なのは「グレイス甲州」です。
一度飲んでみてください。

ワイン好きでなくてもとりこになりますよ!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする