三遊亭わん丈の師匠は誰?プロフと彼女は?バンドやってるの?

こんにちはバリカンです!今日もご覧いただきありがとうございます。

三遊亭わん丈の師匠は誰?プロフと彼女はいるの?バンドやってるの?
今回は落語家、三遊亭わん丈をお伝えします。

・師匠は誰でしょうか?

・彼女はいるのでしょうか、または結婚してる!

・バンドって聞くけどやってるの?

でお送りします。

スポンサーリンク


では見ていきましょう。
落語家、三遊亭わん丈の師匠は誰でしょう?

2011年に三遊亭円丈師匠に入門しました。

ではどうして三遊亭円丈師匠に入門したのだろうか?

落語に出合ったのは27歳。

滋賀県の高校を出て北九州市立大に進学。

20歳から始めたバンドで活躍したのをきっかけに、ラジオのDJなども務めていた。

東京に拠点を移そうとしていた時、ふと池袋演芸場に立ち寄って落語と出会う。

スポンサーリンク


こぢんまりとした寄席。

「落語自体、見たことがなかったんですが、ライブハウスに似ていた。芸能として完成されているなあ、と。この世界でやりたい、これやーと思いました」

と言っています。

そして、一番笑える落語家の弟子になろうと思ったそうです。


一番笑ったのが三遊亭円丈師匠の「金明竹」でした。

高座名のエピソード!

師匠が高座名を考えている時、

目の前を犬が横切ったかららしい???

面白いですね!

円丈とワン丈、

約4年の前座を経て、一字違いで、ナンバーワンになると決めたらしいです。

結構いい加減ですね!

プロフィール

三遊亭 わん丈(さんゆうてい わんじょう)

本名     延川 熙龍 (のべかわ てるたつ)

生年月日   1982年12月1日

出身地    滋賀県

学歴     大津市立膳所小学校卒業
大津市立粟津中学校卒業
県立石山高卒業
北九州市立大文学部卒業

出囃子    小鍛冶(義太夫)

芸 歴

2011(平成23)年4月 三遊亭円丈に入門

2012(平成24)年4月1日 前座となる 前座名「わん丈」

2016(平成28)年5月21日 二ッ目昇進
三遊亭わん丈さんは大学を卒業して、

落語家に弟子入りするまで、

バンドでボーカルをやっていたのですね。


いま彼女はいるのでしょうか?

または結婚はしているのだろうか?

どちらも詳しい情報がありませんでした。

わかり次第報告します。
リズミカルで、キレのいい語り口。

2011年に三遊亭円丈に入門。

約4年の前座を経て、昨年5月、二つ目に昇進した。

最近は若手の二つ目に注目が集まっているが、“師匠”と呼ばれる真打ちになるまで、まだまだ続く修業の日々。

「稽古(けいこ)して準備する」、そして「ただただ、目の前の落語をやる」と期待の若手はすがすがしい。
本当に真の真打を目指して精進ください!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする