柳本光晴の「響」が大賞!ブログ全容公開!プロフと経歴知りたい?

こんにちはbarikanです!ご覧いただきありがとうございます。

今回は漫画家の柳本光晴先生をお伝えします。

・マンガ大賞2017、大賞受賞作「響~小説家になる方法~」

・柳本光晴先生の受賞直後の感想を公開!

・プロフィールと、経歴を調査

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


<作者ではなく、担当の編集者のようです>

マンガ大賞は、マンガに精通する書店員らが「その年一番の面白いマンガ」を選ぶ物です。

「マンガ大賞2017」の授賞式が28日、ニッポン放送本社ビルで開かれました。

柳本光晴さんのマンガ「響~小説家になる方法~」が大賞に選ばれました。

おめでとうございます!!


・マンガ大賞2017、大賞受賞作「響~小説家になる方法~」

どんな作品なのでしょうか?
受賞作、「響~小説家になる方法~」

小学館のマンガ誌「ビッグコミック スペリオール」で連載中のマンガです。

現在5巻まで発行されています。

内容は、

ある文芸編集部に革新的な内容の投稿原稿が送られてきて、編集者の花井は「世界を変えられる」と確信し作者探しに乗り出す。

そして見つけた15歳の少女・鮎喰響(主人公)は強烈な個性で周囲を振り回しながらも、

デビュー作品で芥川賞と直木賞のダブルノミネートを果たし、世間を騒然とさせる……というストーリー。
この作品は、凡人と天才の差!

天才の才能と、凡人の才能

天才にはない、才能ある凡人

など、人の才能を追いつつ

天才的な主人公を描き続けられていきますね。

面白い、興味深い作品です。

スポンサーリンク


・柳本光晴先生の受賞直後の感想を公開!

柳本光晴先生の受賞直後の感想です。

喜びを、素直にかたっていますね。


柳本光晴公式ブログ:http://ttt98.jugem.jp/

響~小説家になる方法~がマンガ大賞2017を受賞しました。

みなさん、ありがとうございました!

今日会った事を全て書くのは無理なので、思いつくままに書きます。書くよ。このサイトは僕がそれこそ同人で売れる前からやってるんだから。

タクシーで帰ってきたんですけど、乗って、ぼーっとしてたら、寝てないのに次の瞬間家についてた。
疲れた。普段、もう、全くないあれだから。

そうそう、ラジオにでたんです。誰も聞いていないことを望む。授賞式の億倍緊張しました。

よっぴーさんが凄い。今日の段取りとか、全部、なにもかも。話もうまくて。困ったらよっぴーさんの顔見たらなんとなかなった。
腰が低いというか恐ろしく丁寧で。僕みたいな漫画家ごときに・・・。
顔が小さくて足が長くて。芸能人、では、ないのかな・・・。みたいなものか。

そう、初めて芸能人みました。イコマさんを、間近で、しかもお話をさせて頂いた。もう可愛いとか感じる余裕もなく、いやすごい可愛かったのですが、とにかく有名な方なので、失礼があってはないように、と思い過ぎてたように思う。緊張した。
しかし、それとは別に、今の若い子はスラムダンク読んでないんだな・・・。これはこれで驚きました。
帰り際、とにかくスラムダンクを勧めたのですが。読まれるかな・・・。

田所さんという声優の方が、まあ死ぬほど可愛かった。声も可愛くて、なにより、天然の方というか。
最後ご挨拶をする際、
田所さん「響、今後も楽しみにしています!」
僕「いえそんな、こちらこそ、声優をされてる作品、是非チェックさせて頂きますので・・・」
田所さん「いえそんな、響、今後どうなるかすごく気になって」
僕「いえそんな、すごく声が綺麗で」
田所さん「いえいえ、響ちゃんがホント面白くて」
僕「いえ、お恥ずかしい僕が声優さんに疎くて…」

みたいな、どっちも話を切れない会話を10往復くらいして、
僕「これ一生終わらないですね」
でようやく終わった。おそろしくかわいい方だった。

ラジオはしかし緊張しました。逆に、授賞式は思ったより全然緊張しなくて。壇上でお話したんですけど、なんか、もっと話したかった。

実行委員の、ジュンク堂のタナカサンにもすごくお世話になり。そうだ。授賞式の控え室でお話をした後、ふと、傍にいたアシスタントの子に、
「さっきの人、○○歳なんだよ」
と言ったら、うそーみえなーいもっと全然若いかとー!とすごく驚いてて、僕も最初年齢をお聞きした時同じように驚いたので、共感出来て嬉しかったのですが、よく考えたら、特に意味なく人の年齢をばらして、いけない事をしたなと思った。

取材もいっぱい受けました。それこそ天下のトクシン(※徳島新聞)も。

ちょっと、書く事やお会いした人が多すぎて。書ききれない。もう眠いし。

皆さんのおかげで、響がマンガ大賞を受賞しました。
実は、少し前から聞いてはいたのです。
まあ、でも、内緒にしてて。しかし、そう、今晩のニュースゼロでも早速取り上げて下さったんですよね!ラジオも出たし!
あと、他にも、確か王様のブランチの取材もしていただいたし。他にも・・・。

しかしまあ疲れた。普段人前に出ないし、そもそもスーツを着ないし。

いや、それより、響、受賞しました!

もうさ。嬉しい!というのは、受賞を聞いてからずっと言ってて。

この数週間とか、響のマンガ大賞受賞ポスターを部屋に貼ってるんですけど、眺めながら、僕が漫画家を志した高校時代聞いてた音楽なんかを聞きながら、遠くまで来たな、と、思いながら、ビールを飲むという。至福です。幸せはここにあった。

同人誌が全然売れなくて、売れるようになって、色んな人と出会って。
商業に移って、大なり小なり揉めたり描きたい事を描いたりして。

こうやって、目に見える形で、明確に、結果っていうか。

とりあえず、今日はここまで。疲れたし。
しかし、楽しかった。

みなさん、ありがとうございました!

・プロフィールと、経歴を調査

柳本光晴先生は、意外と謎の多い方です。

ここまでわかったことをお知らせしますね。
プロフィール

氏名      柳本光晴(やなもと みつはる)

生年月日    –年8月25日

出身地     徳島県

在住地     東京都調布市

性別      不明(推定男性)

職業      漫画家

ブログ     http://ttt98.jugem.jp/
柳本さんは徳島市出身ですね。

同人誌で創作活動を続ける中で雑誌デビューしたようです。

授賞式で柳本さんは「うそかと思った。すごく大きな賞を頂いた。(大相撲みたいに)パレードしたいほどです」と喜びを語っています。

本当におめでとうございます。

これからの活躍に期待します。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする