京唄子の病名や死因は何?若い頃や旦那・娘など家族も調査!

こんにちはbarikanです!

今回は漫才コンビで親しまれ、ドラマや舞台で活躍した女優の京唄子さんをお伝えします。

・6日訃報が届きました、病名や死因は何でしょうか?

・若い頃や旦那・娘など家族も調査してみました。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


出典:https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/07/0010074002.shtml

「唄子・啓助」漫才コンビで親しまれ、ドラマや舞台で活躍した女優の京唄子さん。

6日、訃報の知らせが伝えられた。

89歳だった。

・6日訃報が届きました、病名や死因は何でしょうか?

訃報報道では、死因は一切明らかにされておりません。

89歳と言う高齢では、いろいろな病気を抱えていたと思われます。

少し調べてみました。

京 唄子さんの大きな病気は、

2009年4月28日、車椅子姿で記者会見を開き、

同年5月の松竹座公演降板と腰椎圧迫骨折及び腰椎変性すべり症を発表しております。

しかし、約1年半で病気治療、リハビリをこなして、

2010年10月14日放送のドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で復帰をしました。

だから今回の死因とは関係ないように思います。

でも、そのころに相当神経性胃腸炎に悩んでいたことも事実のようです。

その後、ファンから心配されたように激やせを見せていました。

実際の死因はわかりませんが、

激やせや、胃腸障害を考えると、

消化器系の癌や、循環器系の梗塞などが疑われます。

スポンサーリンク


出典:http://ag-skin.com/daily/skinblog.cgi?mode=2&sn=1218

・若い頃や旦那・娘など家族も調査してみました。

京 唄子さんのプロフィールです。

氏名      京 唄子(きょう うたこ)

本名      鵜島ウタ子

生年月日    1927年7月12日 – 2017年4月6日)

出身      京都府京都市

職業      日本の女優・漫才師。

所属事務所   さち子プロ。
1945年宮城千賀子の劇団「なでしこ劇団」に入団、

京 唄子の芸名で舞台女優となる。
1956年に鳳啓助と漫才コンビ「唄子・啓助」結成

人気を博する。

出典:http://f.hatena.ne.jp/yasuyuki-kobe/20160129222957

俳優の浪花五郎と結婚するが5年で離婚。

鳳と結婚するが1965年に離婚。
(啓助さんは94年没)
現在の夫は4人目の結婚相手である。
京 唄子さんの若いころは、きれいでしたね。

トレードマークは大きな口と大きな帽子でした。

でも、皆さんが記憶にあるのが、

漫才コンビ「唄子・啓助」と

TBSドラマの「渡る世間は鬼ばかり」の出演ではないでしょうか?

岡倉家の五女・長子の姑である本間(神林)常子役として出演したことで有名ですよね。

それ以外にも、数々の作品に出ています。

自身の劇団の倒産や相方・啓助さんとの別れなどを乗り越えてこられました。

現在の生活や娘さんなどのご家族の情報はありませんでした。
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする