宮台康平は東大投手で学部と進路を調査!故障から復帰は大丈夫?

こんにちはbarikanです!

今回は東京大学の宮台康平投手をお伝えします。

・宮台康平投手は東大投手で学部と進路を調査!

・左肩痛に苦しんだ故障から復帰は大丈夫?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


出典:http://wonderbridge.net/sports/baseball/1852/


今秋ドラフトの目玉の東大の150キロ左腕・宮台康平投手(4年、湘南)は東大球場でブルペン入りして調整した。

昨秋は左肩痛に苦しんだが一冬でフォームを改造し、3月25日の社会人対抗戦では完封するなど復活。昨年春秋王者の明大との対戦にも「不安はない。

結果を出して、今までやってきたことが正しかったとを証明したい」と力を込めた。

出典:http://blog.goo.ne.jp/indec/e/0f329fdde7cddc5598a6fa453a2d3935
・宮台康平投手は東大投手で学部と進路を調査!
宮台康平投手は、

現在、東京大学法学部に在籍し、東大野球部のエースピッチャーです。

今回は「東大史上最強左腕」の呼び声も高くドラフト候補としても注目されています。
プロフィールです。

名前       宮台康平(みやだい こうへい)

生年月日     1995年7月1日

出身       神奈川県横浜市

身長       178センチ

体重       83キロ

血液型      O型

効き手      左投げ左打ち

スポンサーリンク


小学校3年生で野球を始めるたそうです。

戸塚中学校では軟式野球部に所属し、ポジションは外野を守っていた。

湘南高校に進学しそこからピッチャーに転向しました。

3年の春には県大会準々決勝で東海大相模に破れ、県大会ベスト8。

夏は3回戦で敗退しました。

野球部を引退してから約半年の猛勉強で天下の東京大学(文科I類)に現役合格しました。

もともと頭脳明晰だったんですね!

半年の勉強で東大法学部だなんて!

さて、進路ですが、今年の秋のドラフト会議が注目されています。

本当にプロに行くのでしょうか?

なんでもやれそうな人ですもんね!

選択肢が広すぎてどれを選ぶのか、

現時点ではわかりません?

とりあえず、野球の観戦に集中しましょう!?

出典:http://www.sankei.com/photo/story/expand/160507/sty1605070015-p1.html
・左肩痛に苦しんだ故障から復帰は大丈夫?

昨秋は左肩痛に苦しみました。

そのため、一冬でフォームを改造し、3月25日の社会人対抗戦では完封するなど復活したように見えます。

昨年春秋王者の明大との対戦にも「不安はない。結果を出して、今までやってきたことが正しかったとを証明したい」と行っています。

本当にけがは回復したのでしょうか?

その真価が問われるシーズンの幕開けです。

しっかりと見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする