ペギー葉山の歌や経歴を調査!息子は陶芸家?友人や家族はいるの?

こんにちはbarikanです!

今回は歌手のペギー葉山さんをお伝えします。

・歌手のペギー葉山さんは今日旅立った!

・ペギー葉山さんの歌や経歴を調べてみました。

・息子さんは陶芸家?

・友人は家族は?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


出典:http://anincline.com/peggy-hayama/

・歌手のペギー葉山さんは今日旅立った!

12日午前11時55分、「ドレミの歌」で知られる歌手のペギー葉山さんが亡くなった。

病名は肺炎とのことである。

享年83歳。

少し早かったような気がする。

出典:http://blog.peggy.sunnyday.jp/?eid=1398416

スポンサーリンク



・ペギー葉山さんの歌や経歴を調べてみました。

プロフィールです。

ペギー葉山

氏名      ペギー葉山(ぺぎー はやま)

本名      森 繁子(もり しげこ)

出生名     小鷹狩 繁子(こたかり しげこ)

生誕     1933年12月9日(83歳)

出身地     東京都新宿区

死没     2017年4月12日(満83歳没)

学歴     青山学院女子高等部

(現・青山学院高等部)

ジャンル ジャズ、歌謡曲

職業     歌手、タレント

担当楽器 歌

活動期間 1952年 – 2017年

レーベル キングレコード

事務所     東和商会太田事務所

社団法人日本歌手協会7代目会長(後に名誉会長)

出典:http://www.wendy-net.com/nw/person/273.html

ペギー葉山さんの歌は、ありすぎて紹介しきれないくらいです。

1952年「ドミノ/火の接吻」でレコードデビュー。

54年、「月光のチャペル」でNHK紅白歌合戦に初出場。「学生時代」

59年、「南国土佐を後にして」が空前の大ヒット。

64年、「学生時代」がロングセラーとなった。

タレントしても活躍し「ひらけ!ポンキッキ」のしつけコーナーを担当したのは有名。

66年にはNHK紅白歌合戦で紅組司会を務めた。

出典:http://blog.peggy.sunnyday.jp/?month=201202


・息子さんは陶芸家?友人は家族は?
ペギー葉山は、1965年に俳優の根上淳と結婚し、1968年には長男が生まれています。

根上淳とは、芸能界きってのおしどり夫婦として知られていました。

成人した息子は、重い自閉症を患っていことを話しています。

出典:http://kuronekosan.net/2017/02/21/pegiihayama/

ペギー葉山の歩みは、自らが歌うことを励みに、夫と息子を支えてきた人生といえます。

息子さんは現在 森英児として、自活しているそうです。

ペギーさんが母親として、

彼の苦しい時を支えてきたからですね。

すごい方だったのですね。

あと、家族や友人の情報はありませんでした。

本当にお疲れさまでした。

ゆっくりおやすみなさい。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする