平野啓一郎の嫁と子供と父親を調査!著書や年収が知りたい?

こんにちはbarikanです!

今回は小説家の平野啓一郎さんをお伝えします。

・平野啓一郎さんの嫁さんと子供と父親を調査!

・著書や年収が知りたい?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


出典:http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110930/222913/

23日、サンデーモーニングに出演した。

1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。

1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。

以後、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。

2004年には、文化庁の「文化交流使」として一年間、パリに滞在。

2008年からは、三島由紀夫文学賞選考委員、東川写真賞審査員を務める。

出典:http://www.barneys.co.jp/culture/authors-file-hirano.html
・平野啓一郎さんの嫁さんと子供と父親を調査!

平野さんは、大学在学中から執筆活動を始めています。

プロフィールです。

氏名      平野 啓一郎ひらの けいいちろう)
誕生     1975年6月22日(41歳)
出身      愛知県蒲郡市
職業     小説家
言語     日本語
国籍      日本
教育     学士(法学)
最終学歴 京都大学法学部卒業
活動期間 1998年 –
ジャンル 小説・随筆・評論
代表作     『日蝕』(1998年)
『葬送』(2002年)
『決壊』(2008年)
『マチネの終わりに』(2016年)
主な受賞歴  芥川龍之介賞(1999年)
芸術選奨新人賞(2009年)
ドゥマゴ文学賞(2009年)
芸術文化勲章シュヴァリエ(2014年)
渡辺淳一文学賞(2017年)
デビュー作 『日蝕』(1998年)
配偶者    春香
子供     1女・1男

平野啓一郎公式サイト:http://k-hirano.com/profile

出典:http://blog.midland-square.com/fashion/10639

平野さんと奥さんとの出会いは、

2006年、ルイ・ビトンのパーティーだそうです。

奥さんはその時合った、モデルの春香さん。

普段いかないが、たまさか行ったところに彼女が来ていた。

何かしら共通点があって、

初対面なのに話が弾んだそうです。

奥さんは、彼のデビュー作を買っていたようで、

本人と会って、イメージが違うなと感じていたそうです。

彼女は、はそのとき雑誌に『デジカメ日誌』という連載を持っていて、そこに彼に登場してもらったようです。

そこで、写真のやりとりで連絡を取るようになったんだそうです。

それから、交際に発展して行ったようですね。

出典:http://genryu08.com/harukagamoderufukki-8303

普通、モデルと作家って全く違う背間のようですが、

二人は共通点を見出していたようですね。

スポンサーリンク


二人とも、完全なインドア派ののだそうです。

そして、2年の交際をへて、2008年に結婚しました。

お子様が2人いらっしゃいます。5歳の長女と3歳の長男だそうです。

お子様も手がかからなくなってきて、

モデルも少しずつ始めているようですね。
平野さんのお父さんは、

「私が1歳の時、36歳で急逝しました。心臓の病気でした。休日の昼、自宅でいびきをかいて寝ていたら、そのまま心臓が止まったそうです。父のことは何も覚えていません。」と語っています。

1歳とは、本当に何もわからない時でしたね。

出典:https://twitter.com/hiranok

・著書や年収が知りたい?

平野啓一郎さんの代表作品です。

『日蝕』(1998年)
『一月物語』(1999年)
『葬送』(2002年)
『高瀬川』(2003年)
『滴り落ちる時計たちの波紋』(2004年)
『顔のない裸体たち』(2006年)
『あなたが、いなかった、あなた』(2007年)
『決壊』(2008年)
『ドーン』(2009年)
『かたちだけの愛』(2010年)
『空白を満たしなさい』(2012年)
『マチネの終わりに』(2016年)

本当にたくさんの著作がありますね。
平野さんの年収ですが、

最初の原稿料が、70万円だったことを明かしていますが、

その後の情報は得られませんでした。

これだけの人気作家ですから、

かなりの年収になると思います。

どなたかわかりましたら、

情報ください。

お願いします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする