ホタルイカは富山湾のルビーの理由は?旬や時間と場所を調査!

こんにちはbarikanです!

今回は富山湾のホタルイカをお伝えします。

・ホタルイカは富山湾のルビーの理由は?

・ホタルイカの旬や時間と場所を調査!

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


出典:http://inataya.co.jp/news/7513


テレビ朝の29日放送の

「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団」

今回はホタルイカを取り上げている。

ホタルイカと言えば富山湾である。

その富山湾を追って見る。

出典:http://himi-aoyagi.com/hotaruika_shun.html
・ホタルイカは富山湾のルビーの理由は?

ホタルイカは日本の各地で見られます。

富山湾以外では底引き網で撮られます。

しかし、富山湾では定置網で撮るのが一般的です。

また、押し寄せる光るホタルイカの大群は、

富山でしか見られない特別天然記念物です。

出典:http://cloud999.hatenablog.jp/entry/2016/04/29/201958

「富山県のさかな」の1つであるホタルイカ。

富山湾のホタルイカは定置網で漁獲されるため、傷も少なく、また漁場から漁港までが近いため鮮度も抜群。

富山のホタルイカが漁獲される3~5月は産卵期を迎えているため、他県で漁獲されるものより魚体が大きいのも特徴です。

海岸近くまで数百万匹のホタルイカが押し寄せて、闇夜に光り輝く富山湾。

これが、富山湾のルビーと言われるゆえんです。

これは世界でも例のない珍しい現象として知られており、

スポンサーリンク


富山湾の中でも特に常願寺川右岸から魚津市にかけて約15㎞、沖合約1.3㎞の海面は「ホタルイカ群雄海面」として国の特別天然記念物に指定されています。

富山湾に数百万匹のホタルイカが押し寄せてくる理由は、海岸から急に深くなる、富山湾独特の地形に由来します。

ホタルイカは日中水深200m前後の所に生息していますが、産卵のため、夜一斉に浮上します。

そして、産卵後ホタルイカが浅瀬に打ち上げられ一斉に発光する現象を地元では「身投げ」と呼んでいます。

一年魚のホタルイカが発する「キューン、キューン」という音が、鳴いているようにも聞こえ、哀愁を誘います。

引用:http://www.pride-fish.jp/JPF/pref/detail.php?pk=1427686291

出典:http://xn--cbk233gsig7yam53j.com/hokuriku-kousinetu/natuyasumi-toyama001/
・ホタルイカの旬や時間と場所を調査!

ホタルイカの旬の時期はおよそ3~5月の間です。

ホタルイカの漁もこの期間に行われています。

漁は、この時期に、普段は深海で生活しているホタルイカが産卵のために海岸付近へ一気に集まってくるところを狙います。

かなり海岸近くまでくるので、ホタルイカの旬の時期になると、地元では堤防や岸壁にバケツをもって「ホタルイカすくい」にいく人も結構いたりします。

ホタルイカの身投げは、産卵のために海岸近くまで来ている、または産卵を終えたホタルイカが波によって海岸に打ち上げられることを言います。

海岸線の砂浜に延々と続く、身投げしたホタルイカの青白い光がとても幻想的で、初めて見る人はきっと言葉を失うくらいの神秘的な光景ですね。

この、ホタルイカの身投げは、ホタルイカが大量に海岸へおしよせる富山湾ならではの現象です。

出典:http://ameblo.jp/koretomomaki/entry-11219581432.html

ところが、この「ホタルイカの身投げ」は、その旬の時期である3~5月くらいにいつでも見れるというわけではないので、その神秘性をさらに強めているのです。

ほぼ確実なのは、

「時期」は3~5月(6月に見られることもある)

「時間」は深夜から未明にかけて

「場所」は神通川や早月川の河口付近です。

是非出かけてみてはいかがでしょうか?

出典:http://www.recipe-blog.jp/profile/9815/blog/10967653


富山湾では、その鮮度の良さを利用して。

ホタルイカの沖付けがおいしいですね。

獲ったホタルイカをそのまま醤油に漬け込むのです。

行きたまま漬け込むことで、

醤油が全身にまわりなんとも言えない味になります。

酒飲みにはこたえられない逸品です。

出かけたら、お試しください!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする