公道レンタルカートに乗る必要免許と場所と保険や価格が知りたい!

こんにちはbarikanです!

今回は今話題の、公道レンタルカートをお伝えします。

・公道レンタルカートに乗る場所と必要な免許は?

・公道レンタルカートに乗るのに、加入保険と乗車値段は?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク



最近、都内でコスプレ衣装でカートに乗っているのが、

注目を浴びています。

圧倒的な注目度で、街中を疾走!

結構なスピードで都内を走っていますね!
一般的には遊園地などで見かけるゴーカートですが、

都内の一般道路を走っています。

結構外国の観光客にも人気があって、

最近は特に増えているそうです。
・公道レンタルカートに乗る場所と必要な免許は?

公道レンタルカートは、

普通免許で運転できる一人乗りの公道カートです。

一般道路ならどこでも走れるようです。

貸し出しは都内に数か所ある事業者に予約して借りるようです。

そこでは

参加制限

普通運転免許(AT可)または国際免許をお持ちの方が対象です。

となっています。

そのほかに、いろいろな制限がありますので、

その事業者にお尋ねください。
・公道レンタルカートに乗るのに、加入保険と乗車値段は?

公道レンタルカートを借りるのには、

各事業者に連絡すれば教えてくれそうです。

ネットでの予約もできそうですね。
参考:
催行会社アキバカート(秋葉原):https://www.veltra.com/jp/japan/tokyo/p/12520

利用値段は、

時間制になっているようです。

1時間から借りられそうですね!

事業者の説明には保険のことがわかりません。

利用時にお確かめください。
最近、公道レンタルカートでの事故が多発しています。

警視庁は22日、

東京都内のレンタル業者など5社に対し、走行中のカメラ撮影や蛇行運転の禁止、客へのヘルメット着用推奨など安全策の徹底と強化を要請した。

安全に遊ぶためにぜひ守ってください。

私的には、

公道でのレンタルカートの乗り入れは、

即刻中止にしてもらいたい!

大事故に絡み多くの人身の怪我が起きるのが見えています。

加熱すればするほど、

事故は増えます。

危険な乗り物を公道に放置してはいけません。

早く規制をしてくれるとを望みます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする