藤井聡太の中学や将棋始めや父と母を調査?強さの秘密と戦法は?

こんにちはbarikanです!

今回は将棋の史上最年少プロ14歳藤井四段をお伝えします。

・中学や将棋始めや父と母を調査?

・強さの秘密と戦法は?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


将棋の史上最年少プロ

14歳藤井四段が21連勝をかざった。

羽生善治 王位・王座・棋聖、超えまで

あと2勝と迫った!

それにしても強い!

天才棋士が現れた!

棋士はみな天才と思うが

その中の天才である!
しかも、若干14歳

中学生である。

少し詳しく見ていこう。


・中学や将棋始めや父と母を調査?

簡単なプロフィールから。

藤井聡太 四段

名前:藤井聡太

生年月日:2002年7月19日

年齢:14歳

プロ入り年月日:2016年10月1日(14歳)

棋士番号:307

出身地:愛知県瀬戸市

師匠:杉本昌隆

段位:四段


現在通学中の学校は

名古屋大学教育学部附属中学校である。

偏差値は65位の中高一貫の進学校です。
授業では

「どうして5分でわかることを45分も書けるのだろう。授業がつまらない」

出来る人の言う言葉ですね・・・
そんな聡太君を母親は

「生活能力の低い」人だそうです!

将棋以外生活意識がない人だからのようです。
母親は専業主婦!母親ですね!

将棋会館に泊まりで行って

身の回りのものを忘れて帰って来たりしたようです。

なんとなく普通の中学生!

ゲームに夢中になって?

なんかホッとしますね。

でも、彼は天才なのです。

現在21位連勝中!

プロデビュー以来勝ちっぱなしです。

ではお父さんはどんな方でしょう?

普通のサラリーマンとのことですが

住宅総合メーカーに勤務しています。
本当に普通の家庭のようですね。

・強さの秘密と戦法は?

では、藤井聡太四段の強さは!

そのルーツを見てみましょう。
聡太さんの将棋始めは

祖母との遊びからです

公文式の「スタディ将棋」だそうです。
祖母が持ってきて相手してくれて

すぐにかなわなくなり

祖父もすぐに相手にならなくなった!
もうすでに天才の片りんですね

その後、地元の将棋教室に通うのが

幼稚園の年中さんからです。
小学校2年生まで通っていたそうです。

そこでも天才エピソードを残します。
プロ棋士や奨励会員、

詰将棋作家が多数参加する詰将棋解答選手権の

チャンピオン戦でもすごい成績を残したそうです。
この時、指導棋士の

中山則男六段は

こんな天才がいるのかと思ったそうです。
藤井聡太四段の得意戦法は

「角換わり」だそうです。

なんのこっちゃ?

将棋のわかる方にはわかるのでしょう?

自由度が高いけど

プロ相手には難しい戦法だそうです。
詰将棋作家としても、

2012年に投稿時9歳で将棋世界詰将棋サロンの年間優秀作の谷川賞を受賞している。


本当に天才中の天才ですね!

こんな人がいるのです。

世の中には!
これから連勝記録や

最年少でのタイトル獲得など

数々の記録を打ち立てそうな感じです。

私のような凡人は

その記録に驚きながら

賞賛を送り続けたいと思います。

藤井聡太さんの活躍に期待します!

関連記事:藤井聡太四段の学校や成績をチェック!両親や兄弟を調査!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする