獣医学部反対は民進党の自己否定と前愛媛県知事!前次官は利権の鬼?

こんにちはbarikanです!

今回は加計学園問題をお伝えします。

・獣医学部反対は民進党の自己否定と加戸守行・前愛媛県知事!

・前川喜平前文科次官は獣医師会優先と省益優先か?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


加計学園に獣医学部を新設する問題で揺れている。

この問題はいろいろな面から話題が出ているが

いったい何が問題なのだろう?

事の本質は

国民の生活に対して

どれが一番良いのか!に尽きる!

と思うのだが?
今までの報道では

「総理のご意向」

とか「鉄板規制」

などといろいろな話題が出ている。

当の当事者

すなわち、地元の人たち

とりわけ自治体の人の意見を知りたい!
・獣医学部反対は民進党の自己否定と加戸守行・前愛媛県知事!

前愛媛県知事の加戸守行は

また「民主党がうまくやりかけたものを、民進党がつぶしにかかっている。」

と述べている。
獣医師の数は足りているとしている

獣医師会や文科省に対して、

加戸氏は、知事時代の鳥インフルエンザや口蹄(こうてい)疫などの発生時に獣医師が足りず、

志望者がなく県が公務員獣医師を採用できずにいたことを挙げている。

文部科学省による新獣医学部の設置不許可などの岩盤規制については「獣医学部の定員は神奈川県以東が8割、岐阜県以西は2割。こんな規制が医学部にあったら暴動が起きる」と批判した。

本当に困っている自治体が

多そうである。
民主党政権時代、

鉄板規制だった、獣医師増加を可能にしそうだった?

それが自民党政権になり消えかかった。

しかし、今回その規制に風穴を開けようとした。

それを、民進党がつぶしにかかっている。

なんということなのだろうか!

今の民進党は、

安倍政権にはなんでも反対!

反対野党だ!

自身の政策すらない、出せない政党になってしまった!
党首自ら国籍を明らかにできないのだから

やっぱりか!である。

こんな政党早く解党すればいいのに!

そう思うのは、私だけだろうか?
良識ある民進党の

国会議員のみなさん

国会は議論して法律を作るところですよ!

ゆめゆめ忘れないでくださいね。

加戸守行・前愛媛県知事、「民主政権なら設置実現していた」。前川前次官は「則を超えた」

学校法人「加計(かけ)学園」の新獣医学部設置計画をめぐり、愛媛県今治市への誘致を進めた加戸(かと)守行・前同県知事(82)が14日までに産経新聞のインタビューに答えた。加戸氏は、自民党政権時代は「対応不可」とされてきた獣医学部設置について、鳩山由紀夫内閣時代の平成21年の提案で「速やかに検討」へと方針が転換されたことを指摘し、「民主党政権があと2年続いていたら実現していた」と語った。

また「民主党がうまくやりかけたものを、民進党がつぶしにかかっている。(安倍晋三政権は)粛々と胸を張って進めてもらいたい」と強調した。

加戸氏は、知事時代の鳥インフルエンザや口蹄(こうてい)疫などの発生時に獣医師が足りず、志望者がなく県が公務員獣医師を採用できずにいたことを挙げた。文部科学省による新獣医学部の設置不許可などの岩盤規制については「獣医学部の定員は神奈川県以東が8割、岐阜県以西は2割。こんな規制が医学部にあったら暴動が起きる」と批判した。

加戸氏の旧文部省時代の後輩に当たる前川喜平前文科次官が「総理のご意向」で「行政がゆがめられた」と証言したことに対しては「非常に残念だ。私も現役官僚時代は『大臣の意向』だとかはったりをかました。虎の威を借りないと役人は動かない」と述べた。

そして「役人は大臣、政治に仕えるべきだ。(前川氏は)則(のり)を超えてしまったのか。岩盤規制を取っ払って、定員規制を外すことは行政をゆがめたことにはならない」と指摘した。

出展:http://www.sankei.com/politics/news/170615/plt1706150007-n1.html

・前川喜平前文科次官は獣医師会優先と省益優先か?

前川喜平前文科次官は内部文書を公表した!

本当に内部で作られ物のようですが

こんなものは、メモかなんか

忘備録のようなものもあるだろう?

ただの文科省の役人が書いた文章で

何の意味があるのかわからない

正式文書ではないのだろうから。

そんなことより、

前川喜平前文科次官は

自身が天下りのを指示していた

当事者で、その責任を取って

辞職させられた腹いせに

単なるメモを出して

政権に意地悪している

としか見えない。

本当に情けない人である。

こんな人が

日本の文教政策の

事務方のトップだったなんて

本当に情けなくなってしまう。

よい若者が育たない元凶ではないのか?

今報道されていることが本当なら

前川喜平前文科次官は獣医師会優先と省益優先したとしか思えないではないか?

獣医師は不足して

困っている自治体が

本当に多いのである。
このところをしっかりと考えてほしい!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする