千客万来施設の運営会社が撤退の危機?観光施設整備はあるの?

こんにちはbarikanです!

今回は豊洲市場に併設される予定の観光施設「千客万来施設」をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


小池知事の発言が波乱を呼んでいる。

豊洲市場の観光施設と推進と

築地市場後の「食のテーマパーク」開発の事である。

小池知事「豊洲観光」推進も運営事業者は不快感示す

東京都の小池百合子知事が14日の会見で、豊洲市場に併設される予定の観光施設「千客万来施設」を計画通り整備すると明言したことを受け、運営事業者の「万葉倶楽部」(神奈川県小田原市)は「6月20日の(築地・豊洲共存案)発表と内容が何ら変わらず、何も分からない」と不快感を示した。同社は築地でも「食のテーマパーク」を再開発するとした案では採算性が合わないとし、同22日、都側に詳細な説明の要求と、場合によっては撤退するとの意向を示した。もうすぐ1カ月だが、市場当局からはいまだ説明がない。

同社担当者は「5年後に仲卸業者が戻るとか言ってるが、市場が2つになるのかすらもはっきりしない」と困惑。募集要項の内容とも食い違っているとし「豊洲に築地場外市場のにぎわいをつくるため、我々が『場外関係者にも声をかけて』との内容だったが(共存案では)場外の人が豊洲に来るわけがない」と憤った。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-01855644-nksports-soci

そもそも、豊洲市場はいろいろ問題はあるが、

すでに移転が開始されているはずであった。

小池知事が誕生してから、

豊洲の安全に問題があると移転を延期していた。

その間に、確かに東京都の行政の不備による

地下空間が発見され、

汚染物質も検出された。

スポンサーリンク


しかし、市場は建設された建物やコンクリートの

上部で稼働するもので

水も水道水を使用することで安全を確保しているようである。

ではなぜ移転しないのか?

そこが不明であり、築地跡地の再利用も浮上させるなど

小池知事は無駄にお金を使いたいようである。

いくら、都民ファーストの会が大量の議席を取ったらと言って

何をしてもよいと言うものではないだろう?

むしろ、都民ファーストの会は小池知事の行政をチェックする必要がある。

今回の豊洲移転に関して

豊洲市場に併設される予定の観光施設「千客万来施設」の事業者は

当初の予定外の事に撤退を考え始めたと言う。

また保証金のねん出が始まるのだろうか?

東京都は、歴代知事と、行政と議会が

その裕福な資金をバックに無駄遣いのオンパレードではないか?

地方から見ているとそのように見えてくる。

そんなゆとりがあるなら

疲弊している地方に予算を振り分けてほしいと思う。

今のところ、小池知事は

またもや豊洲市場に併設される予定の観光施設と

「食のテーマパーク」を両てんびんにかけるようである。

本当に無駄遣いではないのか?

決められない知事を都民ファーストの会は

どうチェックするのか見ものである。

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする