車1日保険は当日の加入でOK!利用にあった特徴の比較はこれだ!

こんにちはbarikanです!

今回は最近増えている車1日保険をお伝えします。

・車1日保険は当日の加入でOK!

・利用にあった特徴の比較はこれだ!

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


最近の若者はマイカーを持たなくなった。

特に首都圏は、維持費が高く

その割には使わない。

首都圏のように大都市では

公共交通機関の発達があり

移動手段の車は必要性が低下しているようである。

そこで若者はレンタカーや

友人知人の車を借りて乗る機会が

増えているようである。

そこに登場したのが

車一日保険である。

一日、24時間をサポートする保険である。

・車1日保険は当日の加入でOK!

車1日保険の加入は

車を使用するときの一日をカバーするが、

当日に申し込みができる。

スマホや、ガラケー、コンビニで受け付けられる。

この保険は、保険料が500円から利用できる使い勝手の良い商品のため、

両親や友人の車を借りてちょっと運転するときに大活躍です。

現在、一日自動車保険は

あいおい損保、三井住友海上、東京海上日動の

3社から販売されていいます

(ドコモのワンタイム保険は東京海上が引受会社)。

・利用にあった特徴の比較はこれだ!

それではそれぞれの保険の特徴を見ていきましょう。

〇ワンデーサポーター(あいおいニッセイ同和損保)

特徴:対物超過修理費用特約や指定被保険者が魅力!

あいおいニッセイ同和損保が販売する1日自動車保険です。

1DAY保険と比べて手荷物補償が無いだけで、補償内容は充実しています。

なかでも対物超過修理費用特約と指定被保険者は、

ちょいのり保険やワンタイム保険には付いていない魅力的な補償です。

対物超過修理費用特約は、

相手の車にかかる修理費用が時価を上回った場合にしっかり補償してくれます。

指定被保険者は、記名被保険者以外に3名まで、

同等の保障内容が受けられる制度です。

複数人でドライブするときは、各自で加入する必要が無く、

一括で保険に加入できるので便利です。

こちらも27時間単位なので、

1日単位よりも保険期間が長くなります。

詳細サイト:http://xn--1-9f7a34gyz2az65acfqwjm.biz/insurance/aioi.php

〇ちょいのり(保険東京海上日動)

特徴:ガラケーから申込手続き可能

東京海上日動が販売している1日自動車保険です。

他社の商品と異なり、

ガラケーからも申し込み手続きが可能です。

したがって、スマートフォンを持たない人でも手軽に加入できる点がおすすめです。

最初に発売された1日自動車保険だけあって、

加入率や評判などが高いのが特徴です。

ただし、1日単位の商品なので保険期間の満期時間には注意が必要。

詳細サイト:http://xn--1-9f7a34gyz2az65acfqwjm.biz/insurance/tokai.php

〇1DAY保険(三井住友海上)

特徴:車内手荷物までしっかり補償

三井住友海上が販売する1日自動車保険です。

3社の中では最も補償内容が充実しており、

車内手荷物までカバーしている唯一の商品です。

手荷物補償特約を付加すると通常より保険料は高くなりますが、

車に積んでいるカメラやゴルフセットなどが事故で破損した場合に補償してくれるので、

旅行やレジャーでお出かけの際はより安心です。

セブンイレブンの店頭でも加入が可能なので、

3大キャリア以外の人でも利用できるのが魅力です。

27時間単位なので、保険期間も長い時間有効です。

詳細サイト:http://xn--1-9f7a34gyz2az65acfqwjm.biz/insurance/ms_ins.php

スポンサーリンク


●1日自動車保険の補償内容は?

1日自動車保険に加入する上で知っておきたい基本項目に補償内容があります。

対人賠償や対物賠償といった事項はもちろんのこと、搭乗者障害や自損障害についても知っておくべきです。

対人や対物で相手方に損害を与えてしまった場合の補償としては、1日自動車保険でも基本は無制限で補償されます。

また、同乗していた友人や家族に対する補償も、入院補償で1日5,000円〜10,000円や死亡・後遺障害で1,000万円以上の保険金が下りることが一般的です。

自分自身が怪我を負ってしまった場合の自損障害保険としても、入院補償や死亡・後遺障害補償として同乗者と同様の保険金を受け取ることが可能となっています。

保険会社によって細かな金額が異なっているので選ぶ際には補償内容も見ていきましょう。

●保険期間の注意点

1日自動車保険には、保険期間が「1日」となっている商品と「24時間」となっている商品があります。

一見同じように感じますが、実際は少し異なります。

「1日」と「24時間」の違いと、その使い分けについてご紹介します。

まず、各社の保険期間を確認してみましょう。

三井住友海上の「1DAY保険」とあいおいニッセイ同和損保の「ワンデーサポーター」は、「24時間」となっています。

「1日」と「24時間」の違いを言い換えると、「当日のみ有効」と「翌日まで有効」という事になります。

たとえば、朝10時に1日自動車保険を契約した場合、東京海上日動のちょい乗り保険ならその日の夜12時まで有効となります※。

一方、三井住友海上の「1DAY保険」とあいおいニッセイ同和損保の「ワンデーサポーター」は、翌日の朝10時まで有効となります。

この違いは、先に販売を開始したのが、ちょい乗り保険で、その後販売をはじめた1DAY保険とワンデーサポーターは、その点を改良したためと思われます。

この違いをどのように有効活用すればよいでしょうか?

たとえば、友達同士で旅行に行く場合、日帰り旅行であればちょい乗り保険で十分ですが、一泊旅行の場合は24時間しっかりと保守してくれる、1DAY保険かワンデーサポーターの方が安心です。

このように、保証期間の違いを使い分けて、1日自動車保険を有効活用しましょう。

※現在は、ちょいのり保険も24時間単に保険期間が変更されています。

●1日自動車保険には等級がない

自動車保険には等級制度があり、1~20等級までの区分に分けられていて新規加入の場合は6等級からスタートします。

1年間保険利用を行わなかった場合は等級1上がり、事故等で保険利用を行った場合は1から3等級下がってしまいます。

等級が高いほど事故を起こすリスクが低いとみなされ、保険料の割引率が高くなる仕組みです。

3等級も下がってしまうと翌年度の自動車保険料は大きく値上がりしてしまうため家計への負担も大きくなってしまいます。

ただし、1日自動車保険には等級制度がないため、どんなに優秀なドライバーで等級が高くても割引を受けることはできませんが、言い換えれば1日自動車保険を利用して事故を起こしても等級が下がらないというメリットもります。

●車両保険はつけるべき?

基本料金プランとしての1日自動車保険には車両保険が含まれていないことが一般的です。

自分が運転している車に損害を与えてしまった場合の保険として車両保険はオプション加入しておくことがおすすめです。

車両保険がない場合だと、事故を起こしてしまった際に相手方の人や車、自分を含めた同乗している人の保険は対象となるものの、運転している車の修理や買い替えの保険は対象外となってしまいます。

1日自動車保険に加入する人の多くが、家族や友人の車を運転するため、車両保険に加入していないともしものことがあった際に費用負担でトラブルの原因となってしまう恐れがあります。

車両保険に加入していれば、免責金額を上限として費用負担を最小限に抑えることができます。

●車両保険のポイントと注意点

車両保険とは、簡単に言うと、自分が運転する車に対しての補償であり、事故を起こしてしまったり、ガードレール等にぶつけてしまったりして自分の運転する車が故障してしまった際に修理費などを補償してもらう保険です。

1日自動車保険の場合、他人の車を借りて車を運転するため、自分の親の車ならまだしも、他人の車を借りて事故を起こし、その車が故障してしまったら大変です。

そのため、そのような事態に備えたい人は、1日自動車保険に加入する際に車両保険のついたプランに加入する必要があります。

1日自動車保険は、スマホからすぐに加入できることができるため、手軽に利用できる自動車保険として人気を集めています。

しかし、いつでもすぐに加入できることが魅力の1日自動車保険ですが、車両保険付きのプランの場合は契約初日から利用することができず、前もって契約しておかなければなりません。

三井住友海上が販売する「1DAY保険」と、東京海上日動が販売する「ちょいのり保険」の場合は、契約から8日以上経ってからでないと車両保険付きの1日自動車保険を利用することができません。

いっぽう、あいおいニッセイ同和損保が販売する、「ワンデーサポーター」は、契約から7日以上が経てば車両保険付きの1日自動車保険を利用することができます。

どちらにせよ、車両保険付きの1日自動車保険への加入を考えてる人は、最低7日前までに契約する必要があるということです。

また、車両保険とは自分が運転する車に対する保険だと前述しましたが、10年以上経った車や中古車などを運転する場合はでどうでしょうか。

もちろん1人1人の価値観にもよりますが、中古車や10年以上乗った車の場合は車両保険をつけるか否か悩む人も多いはずです。

中古車や10年以上経った車を運転する場合、車両保険をつけるという人の意見として多いのは、「中古車だけど、まだまだローンが残っている」、「車を買い替える際の費用の足しにしたい」、「車両保険金額がまだまだ高い」という意見が多く見受けられます。

いっぽう、車両保険をつけない人の意見として多いのが、「中古車で購入したけど、金額が安かったから必要ない」、「車両保険金額が低い」、「車が壊れても、貯金があるから大丈夫」というような意見が多く見受けられます。

1日自動車保険の場合も、車両保険をつけるか否かは、自分の使用するシチュエーションをしっかりと吟味した上で判断する必要があります。

車両保険付きの1日自動車保険に加入することを考えている人は、前もって契約しておきましょう。

●1日自動車保険の保険料

気になる1日自動車保険の保険料ですが、多くの保険会社はワンコイン500円を基本料金として設定しています。

1日(24時間)当たり500円という手頃な金額で、一般的な自動車保険と同等の補償内容やロードサービスを受けることが可能です。

保険会社によっては、複数回利用によるお得な割引制度を設けているところもあり、2回目以降は保険料が5%オフというキャンペーンを受けることもできます。

オプションとして、運転している車に対する車両保険もプラスした料金プランだと、各社1200円から1500円の範囲で提供しています。

さらに、三井住友海上では車両保険に加えて大事な手荷物の補償もプラスした安心プランの場合は1800円から2000円で提供しています。

人によっては車両保険や手荷物補償が重要な場合もあるので、用途に応じてオプションを追加していきましょう。

●1日自動車保険の契約の際の注意点

1日自動車保険は、ワンコイン500円で加入できる手軽な保険となっていますが、通常の自動車保険よりも月単位で考えると割高であるため毎日使う方には向いていません。

また、保障内容の注意点として、人身傷害保障が選択できない場合やオプション扱いとなっている点に気をつけましょう。

この場合、車の同乗者や歩行者に対する補償が弱くなっているため注意が必要です。

さらに、1回の申し込みでは最大7日間連続が上限である保険会社も多く、それ以上の日数を指定する場合は複数回に分けて申し込みする必要があります。

レンタカーやカーシェアリングを対象外としている保険会社も多いため、対象となる車両の詳細についても気をつけておきます。

●1日自動車保険の選び方

さまざまな保険会社が1日自動車保険を提供していますが、どういった面に気をつけて選べばいいのでしょうか。

1日自動車保険の加入費用はワンコイン500円がどの保険会社も一般的となっているためコスト面では横並びです。

しかし、保障対象となる内容が異なっていたり、例えば車両保険のオプション金額に幅があるため、表面上の金額のみならずご自身が必要としているオプションも加味した上で料金比較するといいでしょう。

また、保険会社はさまざまな付帯サービスや連携サービスを提供しており、次回以降の利用料金を割引にする特典や、月額払いの自動車保険を選ぶ際に割引が適用されるところもあるためこちらも忘れずに確認しておきます。

支払い方法もクレジットカード払いやコンビニ決済など特徴があるので、払いやすい方法が選べる保険会社がおすすめです。

●1日自動車保険の使いみち

・友達から自動車を借りるとき

通常自動車保険に加入している友達の自動車を借りる場合、その保険に運転者を限定する特約がついていると、万が一のときに補償の対象外となってしまいます。

このような場合、1日自動車保険を利用すれば、運転者を限定する特約がついていたとしても、1日自動車保険が補償してくれるので万が一のときも安心です。

また、仮に運転者を限定する特約がついていなかったとしても、自動車を借りて事故を起こしてしまうと、友達の等級が下がってしまいます。

このような場合も、1日自動車保険に加入していれば、事故を起こしてしまったとしても友達の保険には影響がなく、等級が下がることもありません。

さらに、ときには数人の友達と旅行に行く要な場合、交代しながら自動車を運転するようなときがあるかもしれません。

このようなときも、1日自動車保険が有効です。

運転するドライバー各自が1日自動車保険に加入していれば、万が一のときに補償されますので安心です。

複数人で利用するなら指定被保険者がオススメ

・帰省してきた家族が自動車を運転するとき

普段は実家に住む親だけが運転する自動車のため、運転者を家族だけに限定する特約をつけて保険料を節約している方も多いと思います。

このような契約の場合、たとえば、年末年始や夏休みの時期に子供が帰省してきた子供が、親に借りた自動車で事故を起こしてしまうと補償されません。

このような事態を避けるためにも、帰省している期間だけ1日自動車保険を子供が契約して運転すれば、万が一の事故のときも安心です。

・現在加入中の通常自動車保険の見直しを行いたいとき

通常自動車保険は、運転者を限定する特約や、運転者を家族に限定する特約をつけることによって、保険料が下がります。

そのため、これらの特約をつけようとする方も多いと思います。

しかし、上記の例のように、自分以外が運転した際に事故が起こると、補償の対象外となってしまいます。

保険料金を安くするために特約をつけるべきか、料金は高くなるもののいざという時のために特約を外しておくか、非常に悩ましい問題です。

悩んだ末、特約をつけて契約している方も多いかと思います。

また逆に特約を外して契約してしまい、困った場面に遭遇した方もいるかもしれません。

そこで、次に通常自動車保険を見直すときに、1日自動車保険について思い出してみてください。

というのも、家族限定や、運転者限定、運転者年齢制限といった特約をつけて通常自動車保険を契約しても、いざという時には、1日自動車保険でカバーすれば保険料を安く済ませることができます。

さらに、自分以外が運転するときも安心して自動車を貸すことができます。

●通常の自動車保険と1日自動車保険の違い

車で万が一事故を起こしてしまった時に備えて、1日自動車保険は補償内容がその日だけである1日保険ですが、通常の自動車保険とはどのような点が異なるのでしょう。

まず、1日自動車保険と通常の自動車保険の一番大きな違いは契約期間です。

補償の対象となる契約期間が1日なのに対し、通常の自動車保険は基本的に1年契約になります。

最近は、3年契約のものもありますが、基本的には1年契約で年間の保険料を一括もしくは、月々の支払いで払っていくことになります。

補償内容については大差ないように思われますが、1日保険よりも通常の自動車保険の方がバリエーションに富んでいるため、自分に必要なものを補償対象にすることができます。

さらに、一日保険は基本的に1人だけしか補償対象にできない上、配偶者などの車を運転する際には補償の適応外となってしまいますが、通常の自動車保険であればそれぞれの車両ごとに保険に加入するため、配偶者や子供を補償対象にしたり、被保険者の指定にも融通がききます。

自分の車を持っており、毎日のように運転する人であれば1日保険は適しませんが、親元を離れて暮らす学生などのペーパードライバーには、1日自動車保険が適しています。

●各社の契約内容を比較

自分の車を持たない人が、気軽に利用でき、保険料を安く抑えることができる、1日自動車保険ですが、基本的にはどれを選んでも大差はないと思われがちですが、実はどれを選ぶかによって契約内容に大きな差が出てきます。

そのため、それぞれの1日自動車保険の詳しい契約内容や、お得な割引等をしっかり吟味して、自分にとって最適な保険に加入する必要があります。

契約内容 ワンデーサポーター       1day保険      ちょいのり保険

保険料 500円(ベーシックプラン) 500円(Aプラン) 500円プラン
1500円(ワイドプラン) 1500円(Bプラン) 1500円(スタンダード)
1800円(Cプラン) 1800円(プレミアム)

保険期間 24時間単位          24時間単位       24時間単位

車両補償 ベーシックプラン…×     Aプラン…×      500円プラン…×
ワイドプラン…○        Bプラン…○     スタンダード…○
Cプラン…○     プレミアム…○

車両補償
免責金額  15万円          Bプラン…15万円    15万円
Cプラン…10万円

手荷物補償    ×          Cプランのみ○         ×
(財布・携帯は対象外)

指定被保険者   ○            ○            ×
(最大3名まで)     (最大3名まで)

対物超過修理費用特約 ○          ○             ×

ロードアシストサービス
運搬費用  30万円まで        30万円まで       15万円まで

事故故障付随費用特約 ○        ○            ×

2回目の利用から割引 ○         ○            ×

2人目から割引    ○         ○             ×

※対物超過修理費用特約・・・対物超過修理費用特約とは、事故を起こした際に相手の車を修理する際にかかる費用が、相手の車の時価額を超えてしまった際に補償してくれるサービスです。

しかし、もしかしたら「1日自動車保険でも、対物賠償は無制限だから、対物超過修理費用特約は必要ないんじゃないの?」と思われた方もいるはずなので、具体的な例を挙げてもう少し詳しく説明していきます。

例)事故を起こしてしまい、相手の車の時価額は40万円なのに、修理費用は60万円かかってしまう場合

この場合何が問題かというと、相手の車の時価額が修理費用を下回っていることです。実は、原則として、対物賠償は無制限とは言いますが、厳密にいうと、相手の車の時価額を超えてはいけないことになっています。

そのため、この場合、対物賠償だけでは40万までしか補償の対象にならなくなってしまいます。

しかし、そこで私たちを助けてくれるのが、この対物超過修理費用特約です。対物超過修理費用特約がついていれば、相手の車の時価額プラス50万円の金額まで補償してくれることになります。

※事故・故障付随費用特約・・・事故・故障付随費用特約とは、補償の対象になっている車が、事故に遭い運転することができなくなってしまった際に、臨時の移動費や、宿泊費を負担してくれるサービスです

出展:http://xn--1-9f7a34gyz2az65acfqwjm.biz/compare/content.php

詳細は、保険会社のHPを確認してください。

安全なドライブをお楽しみください!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする