ポン酢のポンの意味や何を使うか調査?本物のポン酢の作り方は?

こんにちはbarikanです!

今回はポン酢の世界でポンの意味と本物をお伝えします。

・ポン酢のポンの意味や何を使うか調査?

・本物のポン酢の作り方は?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


日本の食卓の上には

たいていの家庭にポン酢は置いてあります!

そのくらい日常的な調味料でありなすね。

自家製で作っている方

市販のものを使われる方

いろいろだろうが、その種類も大変なものである。

今回はそのポン酢を調べてみました。

いったいそのポン酢の秘密は?

「ポン」にありました。

・ポン酢の「ポン」の意味や何を使うか調査?

ポン酢は本来ポンス醤油と言うのが正しい表現でした。

それが、ポン酢の酢がポンス醤油のスと音源が同じなので

いつの間にか、ポン酢と言われるようになったようです。

そもそも「ポンス」はオランダ語の “pons” に由来します。

“pons”はオランダ語で元の意味はパンチの事でした。

パンチとはラム酒、紅茶、砂糖、水、レモンのしぼり汁のように

5種類の材料を混ぜて作ります。

ヒンズー語では

1、エッグ
2、ドウ
3、ティン
4、チャール
5、パンチ

と言われていました。

インドでは、この世界は5つの元素でできていると考えられており

5と言う数字が尊ばれてきました。

ですから、飲み物にも5つの材料を混ぜたのです。

その飲み物を、

イギリス人の船乗り達が好んで飲み

PUNCHと言うようになり、

オランダ語でPONSと呼ばれるようになったのです。

日本人がポンスと出会ったのは

江戸時代、長崎・出島のオランダ商館でです。

江戸時代の文献には

オランダ人はポンスと言うものを飲むとして、

その作り方を記した物が残されています。

ポンスすなわち、パンチには

レモンや、オレンジなどのしぼり汁を入れます。

それから、ポンス自体柑橘類のしぼり汁を意味することになりました。

それで、酢醤油の酢の代わりに

柑橘類のしぼり汁を加えて

ポンス醤油と呼ぶようになったのです。

スポンサーリンク


そして、ポンス醤油のスが酢と同じ音なのでポン酢となったのです。

インド人、イギリス人、オランダ人は

パンチにレモンやオレンジの絞り汁を使った。

しかし、日本にはレモンもオレンジもなかった

それで手に入りやすい、橙やかぼすを使った。

それからわかるように、

ポン酢に使う柑橘類は何でなければならないと言う決まりはない。

橙でも、スダチでも、かぼすでも、

自分の好みの

柑橘類を使えばよいことになる。

・本物のポン酢の作り方は?

ここで、名店のポン酢を見てみましょう。

残念ながら詳しくは教えてもらえませんが

基本はわかってもらえると思います。

博多の「相撲茶屋・大塚」のポン酢は

橙 6割、かぼす4割、醤油、特別な調味料

この割合で作るようです。

東京麻布の「分とく山」のポン酢は

橙の絞り汁、醤油、みりん、米酢

このような感じで作るようです。

ここで、私のポン酢です。

米酢  4割、
醤油  2割、
レモン 1割、
ゆず  1割、
みりん 1割

ダイエットに結構役立ちますよ。

野菜サラダに、おひたしにと

ドレッシングの代わりや、醤油の代わりに使っています。

皆さんは、ご自分の好きなポン酢を

作ってみたらいかがでしょうか?

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする