蓮舫氏戸籍公開は免罪符か?まだ疑問視する民進党内での差別助長?

こんにちはbarikanです!

今回は蓮舫代表の戸籍公開をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


18日、民進党の蓮舫代表は、

自身の二重国籍問題についての資料を公開した。

資料は、戸籍謄本の一部の写し(白塗りあり)と

1987年に失効した台湾の旅券-など数点の写しなどである。

これまで蓮舫氏は、

家族のプライバシーなどを理由に謄本公開に応じてこなかった。

会見では「戸籍を強要されて開示することは前例としてはならない」と強調した。

二重国籍、昨年10月まで 蓮舫氏、戸籍公開し謝罪

民進党の蓮舫代表は18日、自身の台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題をめぐり、昨年9月に台湾籍を離脱した上で、翌10月に日本国籍の選択宣言をしたことを示す戸籍謄本の一部などを開示した。蓮舫氏は記者会見で開示理由について「野党第一党の党首として私の発言の信頼が揺らいではならず、安倍晋三政権に強く説明責任を求める立場を勘案した」と述べた。

蓮舫氏が開示したのは、昨年9月13日付で台湾籍を離脱したと記された台湾当局発行の「国籍喪失許可証書」▽日本の国籍法で定められた「日本の国籍を選択し、外国の国籍を放棄する旨の宣言」を同年10月7日に行ったことを示す東京都目黒区役所発行の戸籍謄本▽1987年に失効した台湾の旅券-など数点の写し。家族に関する記載や直筆の署名などは、白く塗りつぶして公表した。

蓮舫氏はこれまで、家族のプライバシーなどを理由に謄本公開に応じてこなかった。会見では「戸籍を強要されて開示することは前例としてはならない」と強調した。そのうえで、これまで戸籍をめぐる発言が二転三転して信頼性を疑われたことや、双子の子供が成人し、今年7月に家族が戸籍情報を開示することに同意したことを説明した。

蓮舫氏のケースで日本国籍を選択する場合、国籍法で22歳までに選択宣言をする必要がある。30年以上「二重国籍」だったことは「故意ではなかった」と釈明したが、この状態で参院議員や閣僚となったことは「公職に就く者として深く反省している」と述べた。

資料開示で蓮舫氏は「二重国籍」問題に関する一応の説明は行った格好だが、故意でないとしても長年違法状態を放置し、取り繕う発言を繰り返してきた事実に変わりはなく公党のトップとしての資質は問われ続ける。党内には説明が遅きに失したことへの不満も根強いままだ。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000054-san-pol

この発表後、民進党内からは様々な反応があった。

民進党の支持基盤は公開を後押しする保守層と、

公開に慎重なリベラル層にまたがっている。

若手議員からは、

「今さら戸籍を見せられても関心はないし、どうでもいいことだ」

との冷ややかな声も出ているようである。。

蓮舫代表は、これで都議選の総括をしたい考えのようだが、

国民の関心は民進党からは離れたままで、

これによりすぐに支持を得られるかは不明だろう。

むしろ、この公開が差別を助長するのでではないか?

との声が上がっている方が世間では疑問視されているようである

公人としてのけじめも、民進党にとっては差別となると思われているのだろうか?

いずれにしろ、

蓮舫代表の率いる民進党は

ここからの国民への対応が大切だろう!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする