韓国への旅行者激減の理由と問題を点検?行きたくない国一位は?

こんにちはbarikanです!

今回は韓国旅行への関心度をお伝えします。

・韓国への旅行者激減の理由と問題を点検?

・行きたくない国一位は?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


先月の韓国国会議長来日時、

日本人の韓国訪問者数が激減しており、

日本人観光客の訪問増加を要請していた。

しかし、一向に観光客の訪韓は向上しない。

理由は何なのだろうか?

少し調べてみました。

・韓国への旅行者激減の理由と問題を点検?

韓流ブームで韓国旅行者が激増したのは

2003年の『冬のソナタ』が流行したのがきっかけである。

そのころから韓国旅行も結構増えていく。

第2次韓流ブームは2010年からである。

Kポップが流行しアイドルユニットも

多数来日して一層ブームを盛り上げた

その後も、ブームは根強く

日本にしっかり根付いたかのように見えた。

旅行者も順調に伸びていたようである。

しかし、慰安婦問題が表面化してくると

状態は変わってきた。

あまりにも独善な韓国・韓国人の姿が見えるようになったのだ。

なんでも悪いことは日本人のせいにして

世界で受けている物は自分たちが元にある

ウリナリ表現には実際うんざりした人が多い。

最初は好意的だった慰安婦問題も、

今では、嫌韓が多数を占めるようになってきた。

あまりにも身勝手な言い分に日本人がみな嫌気がさしたのだ。

それでも変われない韓国により嫌気がさした。

釜山の慰安婦像はそれに油を注いだのだろう!

泥棒しても自分を悪く言わずに反省もしない国のイメージが付いたのだ!

今の韓国・韓国人のイメージは

絶対に謝らない国、押し付ける国、約束を守らない国

努力しない国、返さない国・・・

もう、良い印象はない。

来日した、韓国の首脳ですら高飛車に出て

押し付けて恫喝を繰り返している。

こんな国に行く気になるだろうか?

「平昌五輪に来る日本人少なければ東京五輪行かせない」韓国国会議長の発言と訪韓外国人数激減にみる日韓の違い

韓国を訪れる外国人の数が激減している。今年5月の訪韓外国人数は、前年同月比で3割以上も減少する危機的状況だ。日本からの訪韓客も減っており、日本を訪れた韓国国会議長からは、韓国への旅行客を増やすよう求める“恫喝(どうかつ)”とも取れる不規則発言も飛び出した。来年は平昌で冬季五輪が開かれるが、焦りが募っている。

韓国観光公社の発表によると、今年5月の訪韓外国人数は約97万8000人で、前年同月比35%減。国別で最も減ったのは、以前から減少傾向が顕著になっていた中国で、前年同月比64%減の約25万3000人だった。激減は、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に強く反発する中国政府が、3月から韓国観光を規制する報復措置を取ったことによるとみられる。

日本からの観光客も減少している。北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射実験を繰り返すなど、朝鮮半島で緊張感が高まり、前年同月比11%減の約15万9000人。外務省が4月11日に韓国滞在者や渡航予定者に対して注意を促す「スポット情報」を発表したことが影響したとみられ、一般の旅行客のほか、大口の韓国への修学旅行についても、予定していた中学、高校からのキャンセルが出たという。

中国人に代わって増加傾向にあった東南アジアからの観光客も、イスラム教の断食月「ラマダン」の影響などで減少。インドネシアからの訪韓客は前年同月に比べて4割近くも減った。

韓国の通信社News1は、中国、日本、東南アジアからの観光客の激減を「三重苦」と表現し、観光産業への大打撃となっていることを伝えたという。

こうした訪韓外国人数の激減に危機感を持ったのだろうか、6月7日に日本を訪問した韓国国会の丁世均(チョン・セギュン)議長は大島理森衆院議長らと会談した際、平昌冬季五輪への日本人観光客訪問を強く要請。訪韓する日本人観光客が減っていることを「よくない」と指摘した上で、「平昌五輪に日本人観光客がたくさん来るように努力してほしい。もし少なかったら、東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と言い放ったという。

ところが、韓国から日本への観光客は増えている。日本政府観光局が6月21日に発表した5月の訪日外国人旅行者数(推計値)によると、韓国からの訪日客数は55万8900人で、前年同期比85.0%の増加。5月の訪日旅行数が全体で229万5000人だったから、4人に1人は韓国からの観光客らというわけだ。1~5月の累計も前年同期比38.9%増の282万7000人で、国籍別で最多となった。

昨年1年間の訪日外国人数(推計値)は前年比21.8%増の2403万9000人で、日本政府観光局が統計を取り始めた昭和39年以降、最多。今年は過去最速の5月で早くも1000万人を突破しており、過去最多を更新するのはほぼ間違いないだろう。政府は2020年東京五輪・パラリンピックが開催される平成32年に訪日外国人年間4000万人の目標を掲げている。

出展:http://www.sankei.com/premium/news/170721/prm1707210007-n1.html

・行きたくない国一位は?

ネットの世界で検索すると

行きたくない国1位は中国、2位は韓国と出る。

最近では韓国が1位のところもある。

一般的な回答だが、

中南米や、中近東は入っていない。

ここはレベルの違ういけない国があるからだろう?

韓国の行きたくない国は、

中国人ですら思っているようである。

中国人を相手に、タクシーや土産屋でぼったくりをしているらしい?

そのイメージと、実際の旅行者のツイートやブログが

合わさって、評価を決めているらしい。

これだけ評判になると、本当だと思ってしまう。

やはり行かないほうが無難ではないか?

旅行者はそう思うだろう。

そのためか、修学旅行も激減なのだそうである。

楽しくない旅行は行きたくないもんね!

しかも、相手の態度で気分を害するくらいなら

行かないほうがましとういうことに!

皆さんも韓国旅行は

十分に注意してくださいね!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする