若狭勝は新党結成に家族は賛成?新党で勝って百合子と結婚か?

こんにちはbarikanです!

今回は都議選で「都民ファーストの会」を支援した若狭勝氏をお伝えします。

・若狭勝氏の新党結成に家族は賛成?

・若狭勝氏は選挙に勝って百合子氏と結婚か?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


東京都議選で小池百合子知事が率いた地域政党

「都民ファーストの会」を支援した無所属議員が、

新党結成を模索している。

その中の一人

若狭勝衆院議員を追って見ました。

最も小池知事に近いとされる人ですね。

・若狭勝氏の新党結成に家族は賛成?

若狭勝衆院議員は、東京都知事選で

小池氏を応援し見事当選させました。

その後、小池知事の補欠選挙に立候補して

見事当選していますね。

比例区からの転身でした。

しかし、今年の都議選には

都民ファーストの会の応援のため

自民党に離党届を出しましたね。

もう小池知事一直線のようですね!

結果はご存知の通りです。

都民ファーストの会は大勝利ですね。

さて、ここからが本題です。

現在、無所属の若狭勝衆院議員

はたして、新党結成に動くのでしょうか?

確かに、ここにきて安倍自民党は支持率が急落しています。

勝手に自民党がこけていると言うところでしょうか?

それも対抗する野党がいないことが第一の問題でしょう。

そんなことは政治家のみなさんは

よくご存じです。

しかし、簡単に新政党はできません。

人のそうですがお金もかかるのです。

だから今までの政党が出来た時には

必ずスポンサーがいます。

小さい政党はそれなりに

スポンサーが小さいか、議員たちが金を集めて

新党を作ったようです。

さて噂される、今回の新党結成ですが

はたしてスポンサーはいるのでしょうか?

それぞれの噂の個人はどうでしょうか?

若狭勝、長島昭久両衆院議員。

渡辺喜美、松沢成文両参院議員。

もう一人の国会議員。

それに小池知事。

最低でもこのメンバーが予想されます。

うまくいけば民進党から数名

自民党から数名の加入があるかもしれません?

お騒がせの上西議員も狙っているかもしれませんね?

数合わせに走ると、あとで大変でしょうが

それでも新党ありきだとどうなるのでしょうか?

現実のところ、

若狭勝衆院議員のご家族は了解されているよう感じですね。

家族の応援あっての選挙ですから。

お子様たちも成長し頼もしい応援団のようですから?

・若狭勝氏は選挙に勝って百合子氏と結婚か?

さて、来年には行われるだろう衆院議員選挙です。

今年の年末のかけて新党結成は行われるか?

決めては政党助成金ですね。

皆さんお金が欲しい!そして選挙です。

このまま、若狭氏の新党が立ち上がり

選挙戦に臨んで戦います。

運よく新党で戦った若狭氏たち!

そうなったときには

小池百合子氏と再婚するのではとネットでは広がっていますね。

若狭氏は、若くして奥様をなくされたそうで、

現在は独身のようです。

お子様を男手で育ててきたようです。

確か小池氏も独身のはず。

ゲスの勘繰りが働くには十分なネタですね!

不倫ではありませんから堂々とやればよろしい。

ここまで都合よくいけばの話ですが

どちらかと言うと私は流行り

政治家は政治で頑張ってほしい気がしますが!

いずれにしろ、ここ半年の動きが

安倍自民党を追撃する政党ができるか見ものですね

私としては、国防を早くしっかりさせてほしいのですが?

果たしてどうなるのでしょうか?

ここでプロフィールをのせておきます。

氏名:若狭 勝(わかさ まさる)

生年月日:1956年12月6日(60歳)

出生地:東京都葛飾区

出身校:中央大学法学部卒業

前職:弁護士

所属政党:(自由民主党→)

無所属

称号:法学士(中央大学・1980年)

選挙区:(比例東京ブロック→)

東京10区

当選回数:2回

在任期間:2014年12月19日 – 2016年10月11日

2016年10月26日-

都民ファを支援した無所属4氏、新党結成を模索

東京都議選で小池百合子知事が率いた地域政党「都民ファーストの会」を支援した無所属議員が、新党結成を模索している。

都民ファーストの圧勝で「非自民」勢力への国民の期待感が示されたためだ。ただ、新党結成時期や形式を巡っては考え方が異なっており、同床異夢の様相だ。

新党を模索しているのは若狭勝、長島昭久両衆院議員、渡辺喜美、松沢成文両参院議員の4人。松沢氏以外の3人は今年に入り、自民、民進、日本維新の会をそれぞれ離れた。都議選後、4人は活発に接触し、新党の理念や日程感を協議している。

小池氏側近の若狭氏は、「国政政党が作られるのは自然な流れだ。年内にも動きが出てくることは十分あり得る」と都民ファーストを核とした新党結成に前向きだ。政党結成に必要な国会議員5人目の確保に向け、「離党予備軍」議員に接触しているとみられる。

出展:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6248013

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    若狭氏の新党はすぐ出来る。理由は政策理念が無いのでこれから組む同志達の政策にすぐ合わせることが出来るから。又ここ1年の小池知事の成功を見ているし、風に乗り政権の取れる可能性のある新党に便乗する小池氏の過去を真似をして夢を見ているから。柳の下にドジョウは2匹いないのが解っていない。若狭氏の言葉は全て後付けであり政権与党を目指すだけで方法論がゼロ。小学校の学級委員での立候補位にしか感じられない。政策を問われた時、今言うと入塾生に忖度される恐れがあるとの事。かなりの塾生が集まったようだがまともな人が政策理念の無い政治塾に入ると思っているのだろうか。強固な意思と真剣さが感じられない。まあガンバッテ。