忖度まんじゅうの販売店や通販をチェック!新大阪名物効目あり?

こんにちはbarikanです!

今回は注文殺到の関西限定「忖度まんじゅう」をお伝えします。

・忖度まんじゅうの販売店や通販をチェック!

・忖度まんじゅうは新大阪名物狙う、効目あり?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


今年の6月中旬より大阪で販売を始めた饅頭に注文が殺到していると言う!

その饅頭は「忖度まんじゅう」である。

白い皮に大きく「忖度(そんたく)」と刻印された饅頭だ。

「忖度まんじゅう」(9個入り、税抜き680円)

製造販売は大阪市福島区の企画会社「ヘソプロダクション」である。

上司や取引先、親戚などに土産物として渡し、談笑のきっかけにして欲しいという。

関西ならではの発想での商品だ!

・忖度まんじゅうの販売店や通販をチェック!

今大人気となっている忖度まんじゅう!

ではどこで買うか?

ちょっと調べてみました。

忖度まんじゅう販売店舗のお知らせ

人気商品により、現在取り扱い店舗を限定させて頂いております。

《販売店舗》
新大阪駅
新大阪エキマルシェ
新大阪アントレマルシェ中央口
京都駅おみやげ街道
京都おみやげプラザ3号(京都西口改札内)
セブンイレブンハートインJR京都駅中央口店
ココモよってぇ屋新世界店
ココモよってぇ屋なんばグランド花月店
よしもとエンタメショップ道頓堀店
リトル大阪ユニバーサルシティウォーク店
リトル大阪道頓堀店
くいだおれ
ビリーズショップ
ドンキホーテ(一部店舗で取り扱い有り)

《通販》
http://item.rakuten.co.jp/henkaq/sontaku/

予想以上の反響により、お客様には大変ご迷惑をお掛けしておりますが
何卒、忖度の程よろしくお願い申し上げます。

出展:https://www.heso-pro.com/info/170617-2/

通販でも取り扱っているようです。

これは、記事を書いた時の情報です

正確な販売店等はご確認お願いします。

・忖度まんじゅうは新大阪名物狙う、効目あり?

ここで商品企画販売の詳細です。

■「忖度(そんたく)」とは他人の心をおしはかること
日本のビジネスシーンでは、上司の意向を忖度して、部下の気持ちを忖度して、取引先の考えを忖度して、というように、忖度をしたりされたりが日常的に行われています。常に相手の立場に立って物事を考え、具体的な働きかけがなくても相手の意向を汲み取るということは、ビジネスにおいてとても重要なことなのです。

そんな毎日のビジネスシーンに欠かせない「忖度」が、ビジネスマンの新たな土産菓子「忖度まんじゅう」となって登場しました。会社でのコミュニケーション土産としてはもちろん、仕事・プライベート問わず日常的なシーンに溢れる「忖度」のお供にぜひご活用ください。皆様忖度の程、宜しくお願い申し上げます。

■「忖度まんじゅう」の特長
(1)大阪発祥・ビジネスマンの新しい土産菓子
商人の町・大阪のユニークな発想から、ビジネスシーンに欠かせない「忖度」がビジネスマンの新たなお土産「忖度まんじゅう」になって新登場。

(2)日常の様々な忖度シーンで活躍
ビジネスシーンでの利用はもちろん、ご家族やお友達へのネタ土産としてもインパクト抜群です。

(3)気持ちのこもった饅頭菓子
「忖度」の二文字が書かれた饅頭は、日本人の思い遣り精神を感じる繊細な味わい。ぜひ相手の気持ちを忖度しながらご笑味ください。

■新商品概要
・商品名:忖度まんじゅう
・発売日:2017年6月中旬 ※販売場所によって導入時期が異なります
・販売エリア:関西の土産店舗・バラエティショップ他
・内容量:9個入
・価格:680円(税抜)
・発売元:株式会社ヘソプロダクション(https://www.heso-pro.com/

■会社概要
社名:株式会社ヘソプロダクション
本社所在地:大阪市福島区大開1-15-26
代表者:代表取締役 稲本 実
資本金:5,300,000円
事業内容:オリジナル商品の企画・制作・販売、企業・組織のトータルブランディング
URL: https://www.heso-pro.com/

「忖度まんじゅう」の商品開発、発売の経緯に関しては、何卒忖度していただけますようお願い申し上げます。

※本リリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。

《本件に関するお問い合わせ先》
株式会社ヘソプロダクション
URL: https://www.heso-pro.com/

出展:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000026530.html

本当に面白いまんじゅうである。

忖度の本来の意味を添えているところや

国会でのニュースをうまく取り入れた点は

さすがに大阪!と言えるだろう?

誰か私に「忖度」してくれませんか?

ちょっと使い方違うかな?

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする