細野豪志のプロフや嫁と地元を調査!家族と白髪の原因も?

こんにちはbarikanです!

今回は民進党・細野豪志元環境相をお伝えします。

・細野豪志氏のプロフや嫁と地元を調査!

・細野豪志氏の家族と白髪の原因も?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


民進党で細野豪志元環境相が離党を

「代表選告示前に」検討していると周辺に伝えていると報じられました。

民進党の若手のエースとさえ言われていた人ですね。

これまでも、民進党執行部と対立してきましたが、

蓮舫代表の誕生時には応援をした人の一人です。

いったい何があったのでしょう。

ここでは、細野豪志氏個人の事を

取り上げてみたいと思います。

・細野豪志氏のプロフや嫁と地元を調査!

まずは、細野豪志氏のプロフィールです。

日本の政治家

氏名:細野 豪志(ほその ごうし)

生年月日:1971年8月21日(45歳)

出生地:京都府綾部市

出身校:京都大学法学部卒業

前職:三和総合研究所研究員

所属政党:(民主党→)民進党(細野派)

称号:法学士(京都大学・1995年)

公式サイト:細野豪志|細野豪志 オフィシャルサイト

衆議院議員

選挙区:(旧静岡7区→)静岡5区

当選回数:6回

在任期間:2000年6月26日 – 現職

内閣府特命担当大臣(原子力防災)

内閣:野田第2次改造内閣

在任期間:2012年9月19日 – 2012年10月1日

内閣府特命担当大臣(原子力行政)

内閣:野田内閣

野田第1次改造内閣

野田第2次改造内閣

在任期間:2011年10月3日 – 2012年10月1日

環境大臣

内閣:野田内閣

野田第1次改造内閣

野田第2次改造内閣

在任期間:2011年9月2日 – 2012年10月1日

内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構)

内閣:菅第2次改造内閣

野田内閣

在任期間:2011年8月10日 – 2011年10月3日

その他の職歴

内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)

(2011年6月27日 – 2011年9月2日)

<ウィキペディア>

京都府綾部市に生まれ、滋賀県近江八幡市で育ちました。

近江兄弟社中学校、滋賀県立彦根東高等学校と進み、

京都大学法学部に進学します。

大学卒業後、三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)で研究員を務める。

1996年に結婚し、1999年10月に静岡県三島市に移り住んでいます。

ですから、選挙区も静岡県ですね。

スポンサーリンク


細野豪志氏は結婚されています。

1996年です。現在の節夫人ですね。

夫人との出会いは、阪神淡路大震災でボランティア活動でだそうです。

奥様も人を助けることが苦にならない人のようですね。

それで気があったのでしょうか?

大学卒業して、三和総合研究所に入社して決めたそうです。

奥さんは、政治家の嫁を最初から思っていたのでしょうか?

それとも、ただのサラリーマンを選んだのでしょうか?

これほどの人ですから、何かをする人だとは思ったのではないでしょうか?

残念ながら、若くてハンサムな政治家にスキャンダルがありました。

元朝日放送のアナウンサー、

山本モナさんとの路上キスが報じられました。

周囲では、離婚すると言われていましたが、

現在まで、離婚はしていません。

奥様や娘さんがどれほど我慢したのでしょうか?

・細野豪志氏の家族と白髪の原因も?

ご家族は現在、

節夫人と娘さんの3人と言うことになります。

また、家族には悲しい思い出もあります。

そして、1999年に長女が生まれています。

かわいい子で本人も大変かわいがっているようです。

しかし、2012年次女を授かりましたが早産でなくなっています。

前出の不倫問題があってから、

娘さんは、夫人が表に出ることを今でも嫌っているようです。

それは、不倫がまた話題になると思ているからだそうです。

あの事件は、ご家族にとってまだ後を引いているのですね。

細野さんも本当に大変な不倫をしたものです。

昔の政治家なら、男の甲斐性などと言って笑って済んだでしょうに!

特にあの日は、娘さんの小学校1年生で初めての

運動会の日だったようです。

本当に罪深い父親だったですね。

最近、特に一昨年あたりから、

細野氏の頭髪が白髪になったと注目を集めました。

理由を本人は、「多少の苦労があった?」と言っています。

半分冗談で半分は本音でしょうか?

ただ、白髪は30代半ばからあったそうで、

染めるのをやめているのだそうです!

民進党の若きエースもいろいろなことにもまれ、

年を取ってきた?

でも、そんな歳ではないですよ政治家はこれからでしょう!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする