ボルト棄権で夢終わる!今後は指導者や解説者かそれとも経営者?

こんにちはbarikanです!

今回は世界陸上で故障で棄権した、ボルト選手をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


12日、陸上の世界選手権(ロンドン)は、

男子400メートルリレー決勝が行われ、

今大会を最後に現役引退を表明している

ウサイン・ボルトがジャマイカのアンカーを務めたが、

レース中に左太もも裏を痛め、まさかの途中棄権した。

この原因を、チームメイトは

レース前に寒すぎる招集所で40分待機させられた。

と怒りをあらわにした。

この待機の間、ウォーミングアップを繰り返した。

でも、寒すぎた、この寒さが、怪我を呼んだ!

こう解説して怒った!

ウサイン・ボルト選手!

この名前は人類史上最も早かった男!

この名前は永遠に記憶されるだろう!

そのくらい強く!早く!長く輝いた!

最後の種目で怪我をしたが

いささかも、その栄光は揺るぐことはない!

これからの活動方針をうんぬんするのは早すぎるし

申し訳ないが、つい野次馬は思ってしまう。

今後はどうしますか?

現在のボルト選手の年収は35億と言われています。

ほとんどがコマーシャルとのことですね。

すでに、一生分の収入は得ていますのでこれから何をするのでしょう?

少なくても2017年引退しても

20億円くらいはありそうですね。

うらやましい話です。

さて、ボルト選手引退は表明していますが。

プロの選手としての活躍はどうでしょうか?

アスリートとしてのプロです。

今のところ、プロになると言う声は出ていませんが・・

ない選択肢でもないと言われています。

でも、もう本人はやらないだろうと言われてもいます。

それでは、指導者の道はどうでしょうか?

祖国ジャマイカに、第2のボルトを作る!

自己の資金を投入してスクールを作るなんて?

または、今までの資金と人脈で

起業して経営者になることはドウでしょうか?

それとも、無難に解説者などでしょうか?

いずれの進路も世界中の人々が

ボルトに感動した人が

関心をもって見ているでしょう。

これから、世界の陸上の為に

活動をしてほしいですね!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする