小川泰弘は短足でも球速が早い?好きな私服で創価学会へいく?

こんにちはbarikanです!

今回はヤクルトの小川泰弘投手をお伝えします。

・小川泰弘投手は短足でも球速が早い?

・小川泰弘投手は好きな私服で創価学会へいく?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


13日、ヤクルトの小川泰弘投手と、

フジテレビ・三上真奈アナウンサーが

真剣交際していることが報じられた。

二人は、昨年3月の開幕前に

知人の紹介で知り合ったと言う。

年齢も近く、すぐに意気投合し

4月には交際に発展していた。

・小川泰弘投手は短足でも球速が早い?

小川泰弘投手のプロフィール。

名前:小川 泰弘(おがわ やすひろ)

国籍:日本

出身地:愛知県渥美郡赤羽根町(現:田原市)

生年月日:1990年5月16日

年齢:27歳

身長:171 cm

体重:80 kg

選手情報

投球・打席:右投右打

ポジション:投手

プロ入り:2012年 ドラフト2位

初出場:2013年4月3日

年俸:8,800万円(2017年)

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

愛知県立成章高等学校

創価大学

東京ヤクルトスワローズ (2013 – )

国際大会

代表チーム:日本の旗 日本代表

プレミア12:2015年

小川投手は身長171㎝と

確かにピッチャーとしては小さいほうですね。

しかし、下半身はしっかりしています。

その下半身が、小川選手の命ですね!

だからこその、ライアンばりの投球フォームなのです。

あの足を高く上げたフォームは下半身の安定なくできません。

スポンサーリンク


ここで小川投手の球速の歴史です。

小学校5年生:90km

中学校:120km

高校:130km

大学:147km

現在:151km

高校から大学へ変わったところで大きくスピードが上がっています。

これは大学でのトレーニングに秘密がありそうです。

それが、下半身の強化だそうです。

小川選手が、ノーラン・ライアン選手の事を知ったのは

大学に入ってからだそうです。

そうして、同じように投げてみたいと思ったそうです。

しかし、やってみるとその大変さがわかり、

本気で取り組んだようです!

やってみるといかに下半身が大事かわかったそうです。

そこで、下半身の強化に取り組み

なんと太ももの太さは、64㎝になりました。

これが、あのフォームを支えることになったのですね。

このトレーニングで、球速も15km早くなったのです。

大学時代のこの取り組みが

今の、小川投手を支えているのですね?

・小川泰弘投手は好きな私服で創価学会へいく?

小川投手は、私服がおしゃれと言われています。

結構本格的な服装でおしゃれを楽しんでいるようですね。

でも、ラフなスタイルもいいですよ!

短足とよく言われますが、おしゃれに関しては

あまり気になりませんね。

アスリートは特殊な体です。

合わせる服が少ないので、

おしゃれする人は大変なようです。

ほとんど、オーダーメイドと言う人が多いようですね。

小川選手も、太ももが64cmですよ!

身長が171cmでこの太ももが入るパンツは

普通ありません。

太ももが入ると、たぶん、

ウェストがブカブカのはずです?

たいていのアスリートはこれで悩みます。

だから、ジャジーが定番になってしまうのです。

伸び縮する素材が喜ぶのですね。

わかりますね。

だから、小川選手のように、おしゃれする人は

お店探しが大変でしょうね?

それでもおしゃれをしていますから好きなのでしょうね?

小川選手は創価大学の出身です。

でも、学会員とは限らないのだそうです。

だから、おしゃれして学会に行くことはなさそうですね。

今、三上真奈アナウンサーとの交際が報じられています。

今は、シーズン中で自由にデートはできないでしょうが、

シーズンオフには、おしゃれした二人の

デートが見られるのではないでしょうか?

交際が、うまくいくように

静かに見守りましょう!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする