樹木医の試験や難易度と勉強法を調査?有資格者の求人は多い?

こんにちはbarikanです!

今回は樹木医に挑戦をお伝えします。

・樹木医の試験や難易度と勉強法を調査?

・樹木医の有資格者の求人は多い?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


天然記念物や街路樹などの診断・治療を手掛ける

樹木医という職業をご存知ですか?

最近、脚光を浴び始めている資格ですね。

主に造園業の方が主体になって取得する方が多いのですが、

造園業と、樹木医では少しニュアンスが違うそうです。

造園業の方は、どちらかと言うと

デザインを重視する傾向があります。

その為、樹木を生物としてみる視点が薄いそうです。

樹木医は、樹木を生物としてとらえ

生態系の一環としてみるそうです。

それで、樹木に対し、科学的な治療に取り組むそうです。

それでは、樹木医について

少し掘り下げてみましょう!

・樹木医の試験や難易度と勉強法を調査?

樹木医は1991年から始まった民間資格です。

一般財団法人の日本緑化センターが認定する民間資格です。

約2600人のうち6割が造園業者に所属しているようです。

造園業との区別が付きにくい職業です。

民間と言っても、林野庁の国庫補助事業として始まった制度となっています。

さらに「樹木医」は商標登録されているため、

有資格者しか名乗ることができない事実上の名称独占資格でもあります。

資格取得の方法ですが、

資格認定には最低7年の実務経験が必要です。

ただし、必要経験年数を短縮できる下位資格として

「樹木医補」も用意されています。

樹木医補を取得すると、1年以上の実務経験で樹木医にステップアップすることができます。

参考:http://www.jpgreen.or.jp/treedoctor/

試験の内容は、一般財団法人の日本緑化センターのHPを参考にしてください。

樹木の分類や生理等の樹木に関する知識と

土壌や、環境に関する知識を幅広く問われています。

受験するには、きちんと先生についたほうが

早道のようです。

合格率は約30%くらいです。

結構厳しいですね。

スポンサーリンク


・樹木医の有資格者の求人は多い?

さて、めでたく樹木医の資格を取って仕事につこうとすると、

それほど簡単ではなさそうです。

何故なら、樹木医の単独での求人は少ないようです、

したがって、林業、造園業者や、公園等の管理組合、などに勤めるのが

現在の一般的な仕事のようです。

独立開業はごく少数派のようです。

したがって、簡単に樹木医だけで仕事があると

考えるのは早計ですね。

自分の好きな管理方法に入って仕事をすることをお勧めします。

最近、特に都会ではその樹木への関心が高まっており

樹木の専門家としての樹木医が脚光を浴び始めました。

公園の樹木の管理や川沿いの樹木管理など

人の優しい環境を、作り守る!ことがいかに大事か

見直されてきています。

何よりも、科学的な知見と経験が生きる

職業のようです。

取り組んだら、しっかりと根を張って

活躍してください。

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする