広陵・中村選手は母子家庭で出身地を調査?進路や練習方法も!

こんにちはbarikanです!

今回は甲子園6本目の本塁打の広陵・中村選手をお伝えします。

・広陵・中村選手は母子家庭で出身地を調査?

・広陵・中村選手の進路や練習方法もチェック!

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


22日、甲子園では全国制覇をかけ

ベスト4が対戦した。

第一試合は広陵(広島)対天理(奈良)で行われた。

試合は打撃戦となり

広陵の中村奨成君が2本のホームランを打つなどして

12-9で勝利を収めた。

広陵・中村君は今日2本のホームランで

清原和博さんの記録5本を抜き

6本で、新記録となった。

・広陵・中村選手は母子家庭で出身地を調査?

大活躍の中村選手

実は母子家庭だと言う。

そして、ホームランは母親への恩返しだと言う。

昨日まで、中村君は4本のホームランを今大会で打っていた。

あまり話題にされなかったが、

大変な記録なのである。

あの清原さんがPL学園当時

1985年に打ち立てた5本が記録なのである。

この時点で、もう記録に手が届いているのである。

まだこの事実をあまり理解していない人が多く

本日、中村君が2本のホームランを打って

初めて気が付いた感じである!

これは大変なことになった!

大会新記録の誕生の瞬間は

意外とあっけなかった!

だが、ちょっと間をおいて

うなりとも、叫びともつかない音響が

甲子園にこだました!

ようやく観衆が気づいたのである!

この大記録に!

それほど騒がれていなかった彼の偉業が表に出Tら瞬間だった!

ウウォー!!!

本当の雄たけびのようなどよめきが

甲子園の底から発せられた!

この6本のホームランは

すべて、育ててくれた母親への恩返しだと

彼は言っているそうである。

ちなみに彼の出身は広島県廿日市市である。

簡単なプロフィールです。

名前:中村奨成(なかむら しょうせい)

生年月日:1999年6月6日生まれ

出身地:広島県廿日市市

出身中学:廿日市市大野東中学校

出身シニア:大野シニアBBC

高校:広陵高等学校

ポジション:捕手

利き手:右投げ、右打ち

スポンサーリンク


・広陵・中村選手の進路や練習方法もチェック!

それでは中村君はプロを目指しているのだろうか?

進路はと聞かれると「プロ1本」と答えるそうです。

実に頼もしい答えとプロ関係者は喜んでいるでしょう!

今年のドラフトは、不作を通り越して凶作と言われています。

目玉は早稲田の清宮君だけ!

そんな言葉が、ここきて弾んできました。

今回の甲子園大会で

結構目玉の選手が目についたようです。

でもここまで、快進撃を続ける広陵は

どんな練習をしているのでしょうか?

ちょっと覗いてみました。

まず広陵高校は全寮制ですから、上下関係の厳しさや周囲との関係性などで自由が無さそうですね。

練習も基本練習だけでも1〜2時間かけて行い、

その他ウエイトトレーニングやイメージトレーニングも行っているそうです。

そして通常の練習メニューということですから

毎日5、6時間は練習に費やしている状態だと思いますね。

そして広陵高校といったら、

冬合宿という冬休みがスタートする12月下旬から

練習試合解禁となる3月上旬まで行われ、

この冬合宿の時期は、シーズン中よりもランニングメニューが増え、

基本の反復練習もハードな量をこなす厳しいメニューのようです。

午前8時30分を回ったころからグラウンドに選手が集まり

9時…練習開始、メンタルトレーニング10分

9時10分~12時…ランニング、体幹、ウエイトなど4班に分かれて体力強化メニュー

12時~13時15分…食事休憩

13時15分~18時30分…野球メニュー

キャッチボール30分(1対1、ランニングしながら行うなど)

守備練習(シートノック中心)

打撃練習(ティー打撃中心)

(投手はシャドーピッチング、投球練習、ランニング)

最後にランニング約40分(ダッシュ系)

で終わります。

特に冬合宿の最後を飾るメニューでもあるランニングは、

ホームベース→レフトポール→ライトポール→ホームベースと三角形を描き、

45秒以内で戻ってくるコースは、距離にして250~300メートルほどで、

このメニューの凄いところは最初から本数が決められているわけではなく、

中井監督やコーチのさじ加減で決められているというなんとも強烈です。

本当に、自分の時間などないれんしゅうですね。

これでは、彼女どころではありませんね。

しかし、これが広陵の選手の体幹と下半身を鍛え

ゆるぎない体格を作り上げていくのですね。

強さの秘密の一環でしょう!

何事にも相手に勝つ前に、

自らを鍛えておく

これが大事でしょう!

中村選手が、ホームラン記録を

もっとのばすことを祈って!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする