中村獅童の肺腺癌の大きさや病院を調査!2ヶ月や現在の様子は?

こんにちはbarikanです!

今回は初期の肺腺がんの手術から復活の中村獅童さんをお伝えします。

・中村獅童さんの肺腺癌の大きさや病院を調査!

・中村獅童さんの2ヶ月の休養後や現在の様子は?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


歌舞伎俳優の中村獅童さんが、

5月末に初期の肺腺がんの手術を受けて

2か月の休養をしていました。

その時の体調は、7・8割戻っていると言っていました。

それからおよそ1か月。

今は体調も声も調子がいい」とアピールしています。

今回は、日本マクドナルド

『“二代目”月見バーガー』お披露目会に出席

「大復活です」と声を弾ませた。

・中村獅童さんの肺腺癌の大きさや病院を調査!

そもそも中村獅童さんの肺腺癌の発見はどうでしたでしょうか?

確か、人間ドッグでの検査で見つかったのですね。

そうして自身のブログに告白をされていました。

中村獅童さんの肺腺癌はステージ1Aと言われています。

一般的にステージ1Aは

腫瘍が3cm以下

リンパ節転移がない

周りの臓器に浸潤していない

5年生存率 89.2%

と言われています。

本当に早期発見が功を奏しましたね。

しかも自覚症状が全くなく

人間ドッグでの発見とは本当にラッキーですね。

中村獅童さんが検査した病院はどこでしょう?

調べましたが、確証は得られませんでした。

では、手術をした病院はどうでしょうか?

癌治療で有名な都内の病院はで

・国立がん研究センター中央病院

・がん研有明病院

・日本医科大学付属病院

・順天堂大学附属順天堂医院

などがあげられますね。

同じ歌舞伎俳優の中村勘三郎さんが入院をしていた、

日本医科大学付属病院や

国立がん研究センター中央病院

が第一候補ではないでしょうか。

スポンサーリンク


肺腺癌の症状は、

主な症状としては、

咳がひどく、1ヶ月以上つづく

胸が痛む

痰がでる

呼吸をする時ゼイゼイと音がでる(喘鳴)

というような風邪と似た症状で早期だと

症状も軽いため、早期発見は

たまたま健康診断で発見したなどの

ケースが多いようです。

本当に、定期検診は大事ですよね!

獅童さんも早期発見で命拾いしましたね。

・中村獅童さんの2ヶ月の休養後や現在の様子は?

中村獅童さんは、肺腺癌の発見から

すぐに治療療養に入りました。

手術も成功し2か月の療養を経て復帰しました。

この2か月を長いと見るか短いと見るかですが、

主治医の方と、しっかりと相談しながら

治療と、リハビリに勤めてきた結果だと思います。

だからそれでよかったのだと思います。

この2か月、きちんとしたリハビリを行ったことは

復帰してわかりましたね。

最近の、声の張りは今まで以上に出ているような気がします。

呼吸の苦しさなんてなさそうです!

本当によかったですね。

中村獅童さんは、現在奥様が妊娠中とのことです。

病気もほぼ完治して、

今年の暮れには子供が生まれにぎやかな家庭に戻られるでしょう。

家庭が安定してくると、

男は仕事が前進します!

歌舞伎役者はどうかわかりませんが、

獅童さんの芸の幅が広がることと思います。

これからも、体を大事にして、

頑張ってほしいですね。

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする