名古屋嬢のファッションに変化あり?服や髪型を雑誌が紹介?

こんにちはbarikanです!

今回はお嬢様からキャリア志向に進化した名古屋嬢をお伝えします。

・名古屋嬢のファッションに変化あり?

・名古屋嬢の服や髪型を雑誌が紹介?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


かつて名古屋に住む女性は、

実家で暮らし、自由に活動し

そのファッションや暮らしぶりは「お嬢様」と言われていた。

名古屋嬢との名詞をつけられた独自の

お嬢様ファッションに身を包み

自由を謳歌していた。

その源泉は、親の懐が支えていた。

あまり名古屋以外に嫁がず

親からの援助もあったのが東京とは違った面を見せていた。

特に、リボンやフリルをあしらい、

ふんわりスカートにヒール靴という定番のお嬢様ファッションは、

2000年ごろに女性誌やテレビで取り上げられ、全国から注目を集めた。

いわゆる「名古屋嬢」ファッションである。

母娘で買い物行くのがステータスで

親にどっぷりとつかった生活が正統派のファッションを支えた。

・名古屋嬢のファッションに変化あり?

ところが、ここ近年様子が変わってきた。

今や、スカート派は少数派に変わり、

パンツスタイルも増えた。

働く女性が増え、お嬢様ルックでは生活がしにくくなった。

バブルで働いていた女性は今や母親になった。

名古屋の女性でも働く方が増え外へ飛び出したのだ。

スポンサーリンク


それで、生活にあったファッションに変化してきたようだ!

特に若い女性が結婚しても働く人が多くなり、

母親の感性と相まって変化しているようだ。

優雅なスカート、ハイヒールはさすがに後退し、

リクルートスーツの進出もあり

変化が大きくなってきた。

生活スタイルの変化のうねりが名古屋に押し寄せた。

そんな状況だ?

・名古屋嬢の服や髪型を雑誌が紹介?

名古屋嬢と言えば、かつては髪型にも特徴的な物があった。

巻き髪である。

名古屋巻とも言われた、独特の髪型である。

お嬢様まきでもある。

優雅なシルエットを生みだした髪型でもある。

優雅さが売り物だった。

しかし現代は、

リクルートスーツも一定の評価を受け

パンツスタイルも普段の風景となった。

と言っても、まだ優雅さを完全に失ってはいない。

シャープなファッションの中に

フリルなどを取りこみ、優雅さを残したモードをみせている。

最新の名古屋ファッションを発信する雑誌も

かつての優雅さを忘れず、むしろ先鋭化して

最新のファッションに取り込んでいるのを紹介している。

やはり、名古屋は名古屋で進化している。

東京でもない、大阪でもない

名古屋は名古屋の志向で息づいている!

それは、髪型にも表れている。

現代の流行に加えて名古屋流は健在で

たくましく生きている。

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする