竹内涼真が陸王に出演決定!本名知りたい?陸上よりサッカー得意?

こんにちはbarikanです!

今回は新進気鋭の俳優、竹内涼真さんをお伝えします。

・竹内涼真さんが陸王に出演決定!本名知りたい?

・竹内涼真さんは陸上よりサッカー得意?

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


現在放送中のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」

その中に、出演中の竹内涼真さん。

「ひよっこ」は視聴率上昇です。

この視聴率上昇現象が、テレビ界で“プリンス・オブ・視聴率”と

称賛され出しました。

その本人が、新進気鋭の俳優、竹内涼真(24)だ。

出演するドラマは必ずヒットすると言われ始めているために、

各テレビ局のドラマ担当者からモテモテで引っ張りダコ。

竹内のスケジュールも、アッという間にパンパンになっているというのだ。

・竹内涼真さんが陸王に出演決定!本名知りたい?

プロフィールです「。

名前:竹内 涼真(たけうち りょうま)

本名:竹内 崚(たけうち りょう)

生年月日:1993年4月26日

年齢:24歳

出生地:東京都

身長:185 cm

血液型:A型

職業:俳優・モデル

ジャンル:テレビドラマ・映画・CM

活動期間:2013年 –

事務所:ホリプロ

主な作品

テレビドラマ

『仮面ライダードライブ』

『下町ロケット』

『時をかける少女』

映画

『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』

『青空エール』

『帝一の國』

今や、人気沸騰中の若手の俳優ですね。

出れば視聴率が必ず二桁はいくと話題になっていますね。

そんな竹内涼真さんです。

今度、10月クールからはTBS系ドラマ「陸王」への出演が発表されている。

茂木裕人の役だそうである。

原作は、『半沢直樹』で大ブームを作った池井戸潤さんです。

これは絶対ヒットでしょう!

視聴率は二桁保証ではないですか?

かなり人気が出ると思いますね。

足袋のメーカーが、陸上競技のシューズに挑む物語だが、

老舗メーカーの苦闘や、

従業員と社長とのつながりは原作でもグッときます。

特に新製品開発は、地道に選手の事を考えた開発をつら抜いている。

メジャーの企業に邪魔されながら、徐々に製品をつく上げていく。

そんな中のシューズを履いて走る選手が茂木裕人だ。

からの出演シーンは走れない怪我をした栄光の選手のシーン!

ここからの出番であろうと思う。

怪我で走れない選手に、怪我をしにくいシューズを提供するそんな思いの場面だ!

しかし、所属企業「ダイワ食品」陸上部の監督は

シューズ「陸王」には見向きもしなかった。

ここからドラマが始まるのではないか?

スポンサーリンク


このドラマの中の茂木裕人は

高校から長距離界で名前を覚えられ、

箱根駅伝で活躍して、ダイワ食品に入社している。

そこででたレースで怪我をしてしまう。

こんな設定で始まる。

この怪我を克服し、新シューズ「陸王」との出会いで

復活を遂げていく。

中心はあくまでも陸上競技用シューズ「陸王」の

開発にあるが、

怪我をした、名ランナーが復活にかけるシーンも楽しみである。

また、大手スポーツ用品メーカー、アトランティス日本支社との

駆け引きも、興味を引く。

今の若手の役者のホープがどんな演技を見せるのか?

今から楽しみなドラマである。

竹内涼真さんの本名は竹内 崚(たけうち りょう)さんです。

名前のほうを変えたのですね。

涼真(りょうま)のほうが断然いいですね!

・竹内涼真さんは陸上よりサッカー得意?

竹内涼真さんは今回陸上競技の、

マラソンランナー役を演じます。

さぞかし走ることは得意だろう?と思って調べました。

竹内さんはスポーツは得意ですね

でも、マラソンではなくサッカーでした!

昔はヴェルディユースに所属していました。

ビックリですよね!

プロを目指していたようですよ!

始めたのは5歳からだそうです。

高校時代は東京ヴェルディユースに所属してました。

しかしプロのクラブです。

半端ないレベルと練習で、あまり試合には出ていませんね。

すがはプロのユース。競争が厳しいですね。

竹内涼真の同期には

杉本竜士

南秀仁

舘野俊祐

田中貴大

と言った選手がいますね。

3年間頑張っても目が出なかったのですが、

立正大学時代も、サッカー部で頑張っています。

しかし、20歳で右足首に大けがをして、あきらめたようです。

本当にスポーツ選手にけがは付き物ですが、

選手生命にもかかわるのですね。

今回の役どころにきっと生きてきますよね!

今から本当に楽しみなドラマです。

これをきっかけにまたヒト階段を上るような気がしますね

期待して応援して見ましょう!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする