萩乃露の創業や大吟醸の値段が気になる?商品や酒つくりも?

こんにちはbarikanです!

今回は琵琶湖の畔にある町、滋賀県 高島市の福井弥平商店さんをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


琵琶湖の湖畔にある町、高島市

ここに江戸時代から続く酒蔵がある。

寛延年間(1748~51)に創業というから、260年以上になる。

その酒蔵は銘酒「萩乃露(はぎのつゆ)」を造る、

株式会社 福井弥平商店である。

創業以来260年以上の年輪を刻んできたのである。

高島町勝野は前後に琵琶湖と比良山を擁する山紫水明の地で、

「萩乃露」の名は創業当時の藩主から勝野が浜に

群生する萩にちなんで命名を賜ったと伝えられているそうです。

この蔵の酒造りは、お米と、水が命!

近江の良質な米、比良山系の伏流水(甘みのある柔らかな水)を使用し、

「酔うための酒ではなく、味わうための酒を」を信条に、

飲むほどに良さがわかる、まろやかで旨みがあり、

しかも後味のすっきりした酒を目指していると言います。

「酒は風土を映す鏡」だと言われることがあります。

萩乃露は当地の豊かな自然や里山で育まれた良質な米、

やわらかな水など地元の恵みを大切にして酒を醸したいと考えています。

萩乃露を飲むと、当地の穏やかで豊かな情景が思い浮かぶ…、

そんなお酒でありたいと考えています。

そんな、萩乃露をよく表すお酒は大吟醸ですね。

それでは紹介しましょう。

・大吟醸 至福

原料米:山田錦  精米歩合:40%  呑み方:冷酒◎ 常温○ 燗酒△
容量/価格:
1800ml / ¥10,000(税別)  720ml / ¥5,000(税別)
萩乃露の最高峰、全国新酒鑑評会出品大吟醸原酒。
まさしく至福の逸品です。
格調高い澄みきった吟醸香と、まろやかな味わいが絶妙なバランス。

・純米大吟醸 悠遠

原料米:山田錦  精米歩合:40%  呑み方:冷酒◎ 常温◎ 燗酒○
容量/価格:
1800ml / ¥10,000(税別)  720ml / ¥5,000(税別)
酒通垂涎の氷温長期貯蔵純米大吟醸。
氷温で3~5年間ゆっくり、じっくり熟成した限定品です。
口の中にトロリと味わいが広がります。

・純米大吟醸 黒ラベル

原料米:山田錦  精米歩合:40%  呑み方:冷酒◎ 常温○ 燗酒△
容量/価格:
1800ml / ¥7,000(税別)  720ml / ¥3,500(税別)
気品ある香りとスムーズな口当たりの大吟醸酒。
兵庫県特A地区東条天神地区産の山田錦100%、
風格ある吟醸香、深遠で透明感のある味わい。

・大吟醸

原料米:山田錦  精米歩合:50%  呑み方:冷酒◎ 常温○ 燗酒△
容量/価格:
1800ml / ¥5,000(税別)  720ml / ¥2,500(税別)
気品ある香りとスムーズな口当たりの大吟醸酒。
格調高い吟醸香、すっきりした飲み心地と、
キメ細かでまろやかに深みのある味わいです。

この代表的な大吟醸は、この蔵の本質を表しています。

この蔵は、独特の方針で、

いろいろな酒米と作り方を研究しています。

その為、商品の種類が多いのも特徴です。

全部の商品を紹介できませんので

酒蔵のHP確認してください!

萩乃露:http://www.haginotsuyu.co.jp/syuntoteiban

酒造りへの姿勢

萩乃露のお酒がとてもバラエティ豊富であることに皆さんびっくりされます。

多種多様な原料米への取り組みや新たな醸造手法への挑戦。

そして醸造から貯蔵にいたる細かな部分にわたる品質改善の積み重ね。

さらに国産の良質な果実を使用したお酒造りなど、

「より旨い」を目指した挑戦に終わりはありません。

創業以来260年以上にわたって息づく

「より旨い」を目指して挑戦と変化を続ける精神で、

これからもさらなる「より旨い」を実現してまいります。

この挑戦がこの蔵の支えと特徴のようですね。

こういう美味い酒はこれからも続けても太太ですね!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする