アリソン容疑者のチェックが気になる?犯罪者から子供を守れ!

こんにちはbarikanです!

今回は東京都立高校の外国語指導助手(ALT)の淫乱行為をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

また卑劣な事件が起きた。

女子高生にわいせつな行為をした講師が逮捕された。

しかも前科があるアリソン容疑者だ!

最近の外国語の授業は、どんどん若年化しており、

各学校は外国語の講師の手当てに苦労しているという!

そこで引手あまたの外国語指導助手(ALT)!

そんな中での起きた事件は、本人よりも

そんな前科を持ったアリソン容疑者・外国語指導助手(ALT)を

何故雇用したのかわからない?

  目次

・アリソン容疑者のプロフィール

・アリソン容疑者の職務履歴や素行のチェックは?

・前科を持った先生から子供を守れ!

・アリソン容疑者のプロフィール

名前:アリソン・ジェイソン・ピーター

英語表記:Allison Jason Peter

年齢:44歳

職業:ALT(外国語指導助手)

出身:アメリカ合衆国

在住:渋谷区神宮前

・アリソン容疑者の職務履歴や素行のチェックは?

ALTとはAssistant Language Teacher(アシスタント・ランゲージ・ティーチャー)の略で

活きた英語を学生に教え、日本人教師を補助する仕事です。

現在、アメリカを中心にオーストラリアなどの国からきています。

最長3年の契約で、県や市町村などの自治体から給与をもらっています。

ほとんどの外国語指導助手は顔画像など公開していません。

したがって、アリソン容疑者の情報は公開されていませんね!

この事件後、以前の勤務先でも同様の事件を起こしていることが分かった。

それは、2011年の4月に起こした事件である。

この時は、現在と違った高校へ勤務していた。

都教委によると、ALTの雇用契約は個人と各校で結ばれる。

刑事事件を起こして起訴された場合は免職処分を受け、

その後採用されることはないという。

では、今回何故採用されていたのか?

都教委高等学校教育指導課は取材に

「6年前の事件のことは把握できておらず、処分を下したかどうかも分からない」と回答。

採用時期や勤務状況についても「個人情報」を理由に明かさなかった。

どうやら、ALTの雇用契約は個人と各校で結ばれるのが原因らしい。

犯罪情報の共有が出来ていないのだ!

これではいつまでたっても防げない!

・前科を持った先生から子供を守れ!

大事な子供を預ける先生の素性がわからないで雇用している実態はどうだろう?

特に外国人は、優しいとすぐに日本人はあこがれ信用してしまう傾向にある。

ましてや、女子高校生以下の生徒はなおさらだろう?

しかも、雇用する側は、なんの個人的情報を得られない!

そんな人を講師として雇っているのだ。

早急にすべての外国語指導助手(ALT)や、

臨時の講師を含めたネットワークを作ってほしい。

先生を雇うのである、しかも税金がほとんどだろう!

そんな大事な人の素性がわからないなんてあってはならない。

ましてや、犯罪者がわからないなんて許せないと思う。

子供たちを、犯罪者の手から守るには

毅然とした態度と、情報の共有である。

アメリカではその中で性犯罪者の住居まで公開されているという。

日本も、かなり突っ込んだ情報の共有があってもいいと思う!

むしろ、外国人の先生となる人は当然のことながら、

自分の履歴に記載を求める必要がる。

そして、警察等の情報で犯罪情報を確認すべきではないのか?

現状での対策はこれが良いのではないかと思う?

いずれにしろ、子供を守るのは大人の責任である。

この国の未来を担う子供が少しでも希望に沿って

考えて、行動して、健やかに学べる環境を整えよう!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする