豆腐と青魚で血管老化改善が気になる?料理法とレシピも?

こんにちはbarikanです!

今回は血管の老化防止をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


血管の老化防止の話題はしばしばテレビでも上がる。

今回もテレビ朝日の

「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で取り上げていた。

そんな中で気になることを調べてみました。

皆さんもかなり勉強されているので繰り返しになるところもありますが、

確認の意味でご覧ください。

    目次

・血管の老化はどうして起きる?

・血管の老化を防止する食材は?

・血管防止のレシピは?

それでは見ていきましょう。

・血管の老化はどうして起きる?

血管の老化ですが、当然加齢によるところがあります。

しかし、加齢だけでは判断できない部分もあるようです。

最近の研究では、血管の老化や動脈硬化は、

食べ物による要因が大きいと考えられています。

日本人はその歴史で、いつも食べ物が取れていた人は少なく

飢饉などもあり、食べ物を摂取した時には体が体内に取り込んで

備えるような体の仕組みが出来上がっているようです。

その為、飽食と言われる現代では、どうしても過食傾向になりがちです。

この過食が偏食が高血圧や脂質異常症、糖尿病を招き血管の老化、

動脈硬化、血栓につながります。

また血管の老化の原因は、加齢、栄養バランス不良、運動不足、

高血圧、喫煙などがあげられます。

脳卒中や、心筋梗塞などは遺伝的な要素も考えられます。

・血管の老化を防止する食材は?

巷では、様々な健康食材があふれています。

本当に科学的、医学的な検証がはっきりしていない面が多いと言われている。

そんな中で、血管の老化にはどんな食材がいいのだろうか?

アメリカの研究機関では食事法を検討してガイドラインを発表している。

それによると、以下の食物の摂取を目安としている。

・野菜、果物、全粒穀物、豆類を多く食べ、ナッツは適度に食べる。

野菜、果物、豆類は大体に人は理解していると思う。

また、赤身肉、魚、低脂肪または無脂肪の乳製品、

液状植物油の少量摂取を勧めるものもある。

ブルーベリー、イチゴ、ラズベリーなどは、

抗酸化作用を持つアントシアニンを多く含みます。

週に3皿の摂取が推奨されています。

ルコラ、スイスチャード、セロリ、ケール、

サヤインゲン、ホウレンソウ、アスパラガス、

ブロッコリー、パセリ、ズッキーニなどの日常的な摂取が、望ましいとしています。

ここで、毎日これだけを取らなければと思ってしまいがちであるが、

ここで、簡単な摂取の物で効果が大きいものを紹介しましょう?

それは、豆腐と青魚!

この二つの食材は、血管の老化には結構効果がありそうです。

日常的に取り入れて摂取すると

改善効果も見込めるようです。

・血管防止のレシピは?

それではレシピをご紹介しますね。

〇イワシと豆腐のスープ

①イワシの頭を取ってぶつ切りにする

②鍋に水2カップ、酒1カップと①を入れひと煮立ちします

③大根おろし適量と梅干3個くらいを入れる

④イワシに火が通ったら豆腐1丁、長ネギ2本を入れてに立てたら出来上がりです。

お好みで一味をどうぞ!

〇イワシのつみれ汁

①イワシを3枚におろして皮をはぎ切り分ける

②①と豆腐、ネギ、玉子半分、塩、だし汁、味噌、醤油をフードプロセッサーにかける

③鍋にだし汁を沸かし②を適当な大きさに丸めて入れる。

④味噌を入れ、醤油で味を調える。

美味しく召し上がれ!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする