韓流ブーム再燃は本当か嘘か知りたい?慰安婦や嫌韓との問題は?

こんにちはbarikanです!

今回は若い女性に韓流ブーム?をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


韓流ブームが広がったのは、

2004年の韓国ドラマ「冬のソナタ」がきっかけだった。

その後もドラマを中心にブームは続いた。

その後、09~10年ごろから少女時代をはじめ、

KARA、BIGBANGなどK―POPが注目され、

韓流ブームが戻ったように見えた。

しかしその後の、慰安婦問題や、竹島問題で

日本人が一気に韓国と韓国人を期待になってしまった。

その流れが今でも続いているようだが、事情が変わったらしい?

    目次

・韓流ブームの再燃は本当?

・韓流ブームは若い女性がけん引?

・韓流ブーム再燃と慰安婦や嫌韓は?

これでお送りします。

・韓流ブームの再燃は本当?

最近の新大久保の駅周辺がにぎわっているという!

新大久保と言えば韓流のメッカだった場所である。

2004年代から始まった韓流ブームで一気にブレイクした街だった。

それが度重なる慰安婦や竹島問題で嫌気のさした日本人が多くなり

いつしか韓流ブームも下火になった。

また、その後K―POPが注目されたが、これもすぐに消えた。

しかしここ数年、日本の若い女性の間に話題になっているという。

特に10代~20代の女性に受けているという。

いったいどういうわけだろうか?

その受けた理由に今年5月に、原宿・竹下通りに

韓国の人気ファッションブランド「スタイルナンダ」が

日本に初進出した事がきっかけとなったようだ。

また、「9人組ガールズグループ『TWICE』の存在が大きいようだ。

K―POPグループですが、メンバーのうち3人が日本人である。

彼女たちのダンスは覚えやすい振り付けで、歌詞も耳に入りやすいと評判のようです。

彼女たちのファッションやメークが日本の10~20代の女性たちにウケていて、

「スタイルナンダ」も、そこに目をつけて進出したようだ。

低価格の“プチプラ”ブランドなので、若い世代に人気のなのだ。

若い年齢層が身近で低価格のブラントのついでに、

「TWICE」が受けたようですね。

このグループに日本人が3人もいることが安心感を呼んでいるようだ。

・韓流ブームは若い女性がけん引?

今回のムードをブームと呼べるかどうか意見が分かれるが、

確かに10代~20代の女性が

ファッションブランドに飛びついたのは本当のようである。

そこを、戦略的にみて「TWICE」が進出し

日本のテレビなどでの露出を増やしてきている。

元の韓流ファンが嫌韓や高齢で離れたため、若い層を狙ってきたのだ。

今回はそのターゲットにされた若い女性がうまく乗せられた?

それでブームのように広がり、新大久保の駅をにぎやかくしている。

・韓流ブーム再燃と慰安婦や嫌韓は?

それでは、このまま韓流ブームが再燃して広がるのだろうか?

いかにも日本の若い女性が政治的に無関心なので

ターゲットにしたのはわかるがこれからも続くのだろうか?

相変わらずニュースでは、慰安婦の問題が流され、

韓国では街中に慰安婦の像を増殖させている!

こんな国や街に行きたいと思うだろうか?

ここまでの両国の主張は、大きく隔たりがある!

それは、韓国の感情だけの政治と、

正当な歴史の検証を進める日本との違いではないだろうか?

韓国では、正当な歴史の学問がないのか育たないのか

大学での教室が無いようである。

まるで、共産主義か、独裁国家のようである。

日本の大学ではあらゆる角度からの歴史の研究と

その発表に制限がない、

自由に研究し発信できる。

そんな違いが、今の日本と韓国の世論になっているのでなないかと感じる。

日本でも、慰安婦問題が正しいと思っている人もいる。

しかし、それは戦後のアメリカにしくけられた宣伝ということも忘れてはいけないのではないか?



韓流ブーム再燃は大変良い事と思うが、

お互いの若者がまっとうな歴史観を持てるようにするのが

大人の政治家や教育者、メディアではないのだろうか?

韓流ブーム再燃?との話題で、

政治的な面がすぐに顔を出すこと自体が

今の日本と韓国との関係を物語っているようだ!

日本の若者もこの際だから、

歴女として遠い過去だけでなく、

近代歴史にも興味を持ってほしい!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする