京都のふるさと納税でおすすめが気になる?旅行も控除対象?

こんにちはbarikanです!

今回は京都のふるさと納税をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


最近ふるさと納税が流行りである。

あまりにも過熱感が出たために

総務省が対象を規制しているくらいだ。

ふるさと納税で、節税になり

しかも、返礼品だけで生活が出来てしまう?

などの現象が現れたためだ。

でも現在でも、地方の財政面で

一翼を担いだしたことは否めない。

都市部の税金を地方へ還流する役割もあるからだ!

そんな中で、今回京都を取り上げた。

京都府、京都市それぞれの町や区でも個別に受け付けているが、

全体でも受け付けている。

それなりの魅力的な返礼品と合わせて

ご紹介しよう!

京都府、京都市では

1万円以上で以下の返礼品を選べます。

また、使用目的も選べます。

是非、納税してみてはいかがですか?

・京都市動物園観覧券(ペア)

・元離宮二条城観覧券(ペア)

・無鄰菴観覧券(ペア)

・京都国際マンガミュージアム観覧券(ペア)

・京都市営地下鉄1dayフリーチケット(ペア)

・よーじやあぶらとり紙・クリアケース・丸小鏡 小 朱まゆごもりはんどくりーむ10g

・はあと・フレンズ・ギフトカード

・京もの専門店みやび取扱商品(てぬぐい)

・もの専門店みやび取扱商品(薫香)

※この取り扱いは「ふるさとチョイス」が便利です。

ふるさとチョイスとは
「ふるさとチョイス」は、2012年9月にオープンした日本最大級のふるさと納税総合サイト。日本全国すべての自治体の、ふるさと納税の「お礼の品」と「寄附金の使い道」などの情報を掲載しています。
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/26100

京都 ふるさと納税寄付金サイト
http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000186773.html

京都での返礼品で直接的な旅行券のようなものはありませんでしたが、

京都観光の役に立つものがずらりと並んでいますね!

京都大好きな、ふるさと納税者の方は

是非京都を旅行して盛り上げてくださいね!

このふるさと納税は税金の控除対象になっていますね!

ある一定額は、確定申告で控除できるのですね。

かなりお得な制度には変わりありませんね。

ただ、旅行会社が扱っているクーポンがあります。

参考:JTBふるさと納税旅行クーポン

https://furu-po.com/travel/t_coupon

お試しください。

さてここで、この京都の一般的な返礼品よりも

もっと驚くものがあります。

それがこちら!

京都府 亀岡市
https://www.rakuten.co.jp/f262064-kameoka/?l-id=furusato_pc_list_kinki_14

亀岡市は京都の西となりに位置し、京都駅からおよそ20分。

― 京を支える食材の宝庫 ―

豊かな自然環境やおいしい水に恵まれている亀岡市では、

京野菜をはじめ、丹波黒豆、馬路大納言小豆、丹波栗、丹波松茸など、

年間を通して自然の恵みが栽培され、

その他にも、亀岡牛や丹波地鶏、猪などの肉類、

鮎などの川魚など、数多くの特産品があります。

ここの返礼品は半端なくいいです!



京都府 宮津市
https://www.rakuten.co.jp/f262056-miyazu/?l-id=furusato_pc_list_kinki_11

宮津市は京都府北部に位置し、海・里・山の自然豊かなまちです。

日本三景「天橋立」に代表される風光明媚な景観や歴史・文化はたくさんの人々を魅了し続け、

多くの観光客が訪れる観光都市です。

農業・漁業が盛んで、豊かな自然のなかで作られる野菜・魚・お米なども大変美味しく、

宮津市の魅力の一つです。

ここの返礼品もびっくりするほどおいしいです。

いくつあってもうれしい物ばかりです。

納税者の皆さん、自分の出身地を応援するのもいいでしょう!

自分の主張に寄付するのもいいでしょう!

では、自分の嗜好に出すのもいいのではないでしょうか?

それぞれの思いで、自分の収める税金の一部の使い方を

今一度考える制度ではないでしょうか?

きっちり収めて、賢くいただく?

では頑張りましょうね?

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする