美肌県グランプリの上位と下位の理由が気になる?対策と方法は?

こんにちはbarikanです!

今回はニッポン美肌県グランプリ2017をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


7日、化粧品会社のポーラ(東京)は女性の肌の美しさを47都道府県で順位付けした

「ニッポン美肌県グランプリ2017」を発表した。

富山県が初の1位となり、2位に石川県、3位に秋田県が続いた。

ポーラは独自の分析方法で昨年の9月から今年の8月まで

約66万件のデータを分析したと言う。

発表は今年で6回目となる。

    メニュー

・美肌県グランプリ2017のチェック項目は?

・美肌県グランプリ2017上位は?

・美肌県グランプリ2017の最下位は?

・美肌への対策と方法は?

・美肌県グランプリ2017のチェック項目は?

ポーラの美肌県グランプリでのチェック項目は、

従来の6項目に今回新たに2項目ついかされています。

チェック項目は全8部門

・肌がうるおっている

・ニキビができにくい

・シミができにくい

・くすみがない

・毛穴が目立たない

・キメが整っている

・マイクロダストに強い

・しわができにくい

この8項目の合計値から偏差値を算出し、総合順位を決定したとしている。

大気汚染物質が深刻な問題いなってきており、

チェック項目追加は時世を反映している。

・美肌県グランプリ2017上位は?

発表された順位のトップ10は。

1位 富山県

2位 石川県

3位 秋田県

4位 岡山県

5位 愛媛県

6位 島根県

7位 京都府

8位 山形県

9位 東京都

10位 広島県

となっている。



上位3県はいずれも日本海側で、

特に今年は雨が多かった地域だと言う。

降水量が美肌に影響があったのだろうか?

ポーラでは、富山県の1位は、

「この1年は特に年間の降水量が多く、

肌のうるおいにプラスになったことが美肌度をアップさせた」と

分析している。

・美肌県グランプリ2017の最下位は?

残念ながら、今年の最下位は群馬県だった。

群馬県の最下位は3回目であり、気候や地域性が厳しい結果となった。

しかしがっかりするより、よりその場所にあったケアをすれば

個人の肌は美肌になるだろう?

・美肌への対策と方法は?

そんな群馬県の分析と人へのアドバイスは、

ポーラザビューティー前橋川原店のオーナー、豊田良美さんは、「群馬の日照時間は全国トップクラスで沖縄とほぼ同じ。からっ風の影響で乾燥しやすく、肌の老化を招きやすい非常に過酷な環境」と最下位となった原因を分析する。

しかしこの結果、県内女性の美意識が低いというわけではない。例えば、平成27年の総務省家計調査で前橋市民一世帯あたりの石けん類・化粧品支出金額は約4万5千円で全国10位と健闘している。

豊田さんは「支出金額より、自分の肌に合う化粧品を使うことが重要」と指摘し、「肌は買い替えがきかない。生活するだけで肌が乾燥する群馬で東京と同じものを使っても十分な効果は得られない。まずは基本的な保湿や日焼け対策をしっかりし、化粧品を見直してほしい」と話す。

出典:http://www.sankei.com/life/news/161126/lif1611260025-n1.html

美肌グランプリで上位に入った県も入らなかった県も

それは全体の事でそ。

一人一人の対策とケアが大切なのです。



その地域のあった、お肌のお手入れを

地元のポーラの方に相談してみてはいかがですか?

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする