白戸家継続決定!展開と役者が気になる?ダンテ・カーヴァーは?

こんにちはbarikanです!

今回はソフトバンクの新CMをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

ここ数週間ソフトバンクのCMで怪しい動きが続いていた。

例の白いワンちゃんのCMである。

スタートして10年だそうだ、その節目に不可解な動きである。

たぶん視聴者はこの10年を区切りにしてこのシリーズは終了するのでは?

との思いで見ていたのではないだろうか?

そんな、白戸家の今後を見てみましょう!

    メニュー

・ソフトバンクCMの白戸家は継続決定!

・ソフトバンクCMの白戸家に新たな役者が?

・ソフトバンクCMのダンテ・カーヴァーは降板?

・ソフトバンクCMの白戸家は継続決定!

ソフトバンクのCMが10周年記念のダイジェスト版を流しだした。

内容は皆さんご存知の通りで、

上戸彩さんと樋口可南子さんがスタジオに入ってきます。

2人「お願いしま~す」

樋口可南子「スゴイですね~」

2人が、セットのソファーに腰かけます。

スタッフ「10年間、白戸家、お疲れ様でした。ありがとうございましたー!」

スタッフ全員で拍手。

スタッフ全員「ありがとうございましたーーー!」

樋口さんは、唖然。

上戸さんは、苦笑いで樋口さんの顔をみます。

上戸彩「えっ?」

2人に花束が渡され、

スタッフ「10年間、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました」

スタッフ全員から労いの拍手。

樋口さんが、左手を大きく振り、スタッフを静止します。

樋口可南子「えっ?えっ?ちょっと、ちょっと、待って!ちょ、ちょ、ちょっと待って!」

2人は驚きの表情。

2人「えーっ!」

樋口さんは自身の両肩に手をやり、

樋口可南子「えっ?終わるの私たち」

スタッフ全員「せーのー」

2人でくす玉の紐を引きます。

そして、くす玉は割れ、中のリボンが樋口さんの頭に当たります。

樋口可南子「うわーっ!」

くす玉の中の垂れ幕には 『10年間ありがとう』の文字が。

スタッフ「10年間、ありがとうございましたーー!」

スタッフ全員で拍手。

スタッフ全員「ありがとうございましたーー!」

2人は、あきらめたような表情。

画面に『10年間ありがとう。』の文字。

2人は、顔を見合わせ、お互いに、

上戸彩「終わる?」

樋口可南子「終わる?」

お父さんが、スタッフに頭を撫でられます。

スタッフ全員の拍手の中、画面に『新しい家族割はじまる。」の文字。

優しい上戸さんが、樋口さんの頭についた紙吹雪を取ります。

これは本当の出来事で、

この時もスタッフは継続か終了かわかっていなかった。

だから演技はガチの演技!スゴい演出です。

しかしその後、白戸家のCMは

新たな家族を迎えて継続することが決まった!

スポンサーリンク


これは、ソフトバンクがアンケート調査をして

視聴者の気持ちを確認したようだ。

そこで視聴者の声は白戸家続投と出たようである。

・ソフトバンクCMの白戸家に新たな役者が?

では、新家族はどうなるのだろうか?

「白戸家シリーズ」ではこれまで、樋口と「お父さん犬」の夫婦と、

娘に女優・上戸彩、息子に俳優・ダンテ・カーヴァーという家族で構成されていた。

これからの展開は?

最新のCMでは、竹内、杉咲と俳優・古田新太の3人が「新・白戸家」として出演している。

この関係はどうなるのだろうか?

発表されていることでは、

上戸彩と古田新太が結婚し、

杉咲花と竹内涼真が子供と言う設定の様だ!

意外な展開になる予感がする?

・ソフトバンクCMのダンテ・カーヴァーは降板?

ここで問題なのは、不倫問題など

複数の女性問題を抱えているダンテ・カーヴァーの扱いである。

ソフトバンクは、その企業イメージから

このままの採用は拒否していると思われる。

そこで、白戸家は継続させ、家族の再編を実施たのだろう?

樋口可南子さんは、

卒業を示唆されたCM撮影時を「本当にドッキリの撮影だった。

私も彩ちゃんもうろたえて、私は涙目になるし、

スタジオを出たら彩ちゃんが泣いてて、

移動中も2人で声を挙げて泣いたんです」と振り返った。


新たにメンバー入りした竹内は

「新シリーズも、すごく面白いです。白戸家が10年間やってきた中で、

新しい家族として加わって、僕らのCMが面白いなと言ってもらえるように頑張りますので、

楽しみにして下さい」とPRしています。

樋口は「やっと周りの人に、白戸家はこのまま続きますと言える日が来てほっとしています」とにこやかに話した。

新たな家族を迎えて

白戸家のじいさん犬はまた大変な出会いを

経験しそうである。

でもそれも楽しみの一つか!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする