「スカジャン」爆売れ!その由来と小泉進次郎効果が気になる!

こんにちはbarikanです!

今回は自民党の小泉進次郎氏が衆院選で着た緑色のスカジャン をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


「スカジャン」が注目を浴びているようだ。

自民党の小泉進次郎氏が衆院選で、

自身のテーマカラーである鮮やかな緑色のスカジャンだ!

この羽織った進次郎氏の姿が報道され、

「あのスカジャンはどこの?」などと話題となっている。

   メニュー

・スカジャンの由来は?

・小泉進次郎効果とは?

・発売元の誤算とは?

・スカジャンの由来は?

スカジャンとは光沢のある化繊の刺し子地で作られ、

背中に大型で派手な刺繍が施されているスタジャンに似た形状のジャケット事をいう。

リバーシブルになっていることが多い。

名前の由来

第二次世界大戦後間もない頃、横須賀米軍基地で日本駐留のアメリカ軍兵士達が記念として鷲・虎・龍などのオリエンタル柄や自分の所属していた部隊や基地などのエンブレムをデザインした刺繍をテーラーショップにオーダーしたのが始まり。 最初期のものは米兵が各々持ち込んだ落下傘の生地(当時はシルク)を染色し、ジャンパーに仕立てた後、刺繍職人が希望の刺繍を施す完全オーダー品であった。
戦後、アメリカ軍兵士たちの間では、お土産物のジャケットを意味する「スーベニールジャケット」「スーベニアジャケット」などの呼び方で親しまれた。
1960年代頃から「スーベニールジャケット」は「スカジャン」と呼ばれるようになった。由来については以下の2つがある。
「横須賀ジャンパー」の略
横須賀のジャンパーによくスカイドラゴンの刺繍が施されていたことから、スカイドラゴンジャンパーの略
なお定番の鳥の刺繍は、鷲なのか鷹なのかで議論になることもあるが、横須賀の老舗ショップでは一般的に「鷹」と呼ぶ。

<ウィキペディア>

・小泉進次郎効果とは?

かつてより、横須賀港町で「スカジャン」を買って

街で肩で風を切って歩いている若者の姿が多かった。

それが、先の衆議院選挙の後戻って来ているらしい?

理由は簡単である。

衆議院選挙で立候補した自民党の小泉進次郎氏が

自身のテーマカラーである鮮やかな緑色のスカジャンを羽織った進次郎氏の姿が報道されからだ。

人々には、新鮮な緑の色が鮮やかに写り、

また小泉氏の行動と共にさわやかにも見えた!

いわゆる”カッコいい!”である。

この小泉効果は、選挙の投票のみならず、

スカジャン、ファッション効果にも大きく影響したようだ!

あの選挙後、あのスカジャンはどこの?」などと話題となる。

神奈川11区から出馬した進次郎氏は、

カッターシャツにスカジャンを羽織って選挙活動を行った。

この効果は抜群だったようで、

小泉氏が着ていた、虎と龍の刺繍が施された緑色のスカジャンは

瞬く間に人気商品になってしまった!

・発売元の誤算とは?

このスカジャンの製造販売元は、

老舗ブランド「テーラー東洋」の「DRAGON&TIGER」というタイプである。

リバーシブル仕様で、値段は5万8千円(税抜き)だという。

ここまでの反響を、発売元は予想していなかったようである。

現に問い合わせが殺到している現在でも、

在庫はなく、通販サイトはいずれも在庫切れの表示ばかりだ。

発売元の老舗ブランド「テーラー東洋」では、

スカジャンの反響に嬉しい悲鳴だが、

いっぺん製造することは出来ない商品である。

あの刺しゅう一つとっても、

大変な時間がかかるものだと言うことが

よくわかる。

暗に、模造品を出せば、一気に信用を失う世界でもある!

その為、慎重に製品を供給しているのだろう?

本物のスカジャンを守るために!

思いがけない人気に生産の追い付かないのは

一つの誤算だったようだが、

改めてスカジャンに関心を持ってもらえたことは

ほこりでもあろう!

これからもよいものを作り、

社会に広めていってほしいと

願うばかりである。

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする