朝ドラ「まんぷく」の日清カップヌードルと百福夫妻が気になる?

こんにちはbarikanです!

今回はNHK連続テレビ小説「まんぷく」決定をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


14日、NHK大阪放送局は、来年10月放送開始のNHK連続テレビ小説は

インスタントラーメンの生みの親日清食品創業者の故安藤百福さんと、

妻の故仁子(まさこ)さんをモデルにした「まんぷく」に決まったと発表した。

脚本は、ヒットドラマを数々手掛けた福田靖氏(55)に決まった。

ヒロイン等はこれからオーデション等で決めていくと言う。

    メニュー

・インスタントラーメンの誕生!

・安藤百福さんの経歴は?

・カップヌードル誕生!

・安藤百福さん夫妻の不思議?

・インスタントラーメンの誕生!

安藤百福さんについてはあまりにも有名で知らない人はいないだろう?

その安藤さんが最初に作ったインスタントラーメン!

そう、チキンラーメンですね!

今でも日清食品から発売されている あれ ですよ!

ドンぶりにラーメンを入れ、生卵を落とし、

熱湯を注いで3分!オー これがチキンラーメン(笑)

いったいどうして出来たのだろうか?

当然開発者は安藤百福さんですね。

安藤さんは終戦直後の寒い季節にラーメン屋台に並ぶ行列を見て

「もっと手軽にラーメンを」食べさせたいと開発に取り掛かったそうです。
最大の難関は、長期保存が可能な保存の方法と、

熱湯で素早く戻せる方法だったようです。

この難題に挑んで日々悩んでいた百福さんは、

ある日奥さんの揚げている天ぷらにヒントを得たようです。

そうです、瞬間油熱乾燥法の発見です。

この瞬間油熱乾燥法は現在のインスタントラーメンを作るための

基本的な製造技術として確立され受け継がれているようです。

安藤百福さんは、

1958年(昭和33年)8月25日に世界に先駆けてチキンラーメンを発売した。

魔法のラーメンと呼ばれて、すぐに人気商品となった。

その後、日清食品株式会社として商号登録した。

・安藤百福さんの経歴は?

氏名:安藤 百福(あんどう ももふく)

生誕:1910年3月5日

嘉義庁樸仔脚

死没:2007年1月5日(96歳没)

大阪府池田市

国籍:大日本帝国→中華民国→日本(1966年に取得)

別名:?百福

出身校:立命館大学専門学部経済科

職業:日清食品創業者

配偶者:安藤仁子(妻)

子供:安藤宏寿(長男)

安藤宏基:二男)

堀之内明美:長女)

安藤 百福(あんどう ももふく、出生名?百福、1910年3月5日 – 2007年1月5日)は、

台湾出身の実業家、発明家。

日本で「チキンラーメン」と「カップヌードル」を開発し、

世界的に普及したインスタントラーメン産業の創始者となった。

日清食品の創業者。位階は正四位。勲等は勲二等。

<ウィキペディア>

・カップヌードル誕生!

チキンラーメンを世に送り出した安藤百福さんが手掛けた次のテーマは、

海外進出だった!

視察旅行のヨーロッパで見た光景にカップヌードルの発想を得たと言っている。

それは、アメリカのバイヤーが

チキンラーメンを半分に折りコップに入れて

熱湯をかけ、フォークで食べている姿を見た時だという。

はやり天才的な発明をする人は

どこか視点が違っているようです。

同じ風景を見て、ほとんどの人は真似をして食べるだけでしょう!?

そして、発泡スチロールの保温カップ

麺の構造による熱湯での均一な麺に戻す工夫を積み重ね、

カップヌードルの開発に成功した!

1971年(昭和46年)9月18日に世界初のカップ麺「カップヌードル」を国内で発売した。

当初はあまり売れず苦戦を強いられたが、

あの有名な事件が後押ししてくれた。

それは、世間を驚かせた連合赤軍あさま山荘事件のテレビ中継放送で、

厳寒の中、湯気の上がるカップヌードルを食べる機動隊員の姿が映された。

何を食べているのか興味を持った視聴者からの問い合わせが殺到し、

これが事実上の宣伝となって、爆発的な売れ行きにつながった。

・安藤百福さん夫妻の不思議?

安藤百福さんの奥様は仁子(まさこ)さんである。

百福さんと仁子さんとの結婚の詳しいいきさつや日付などは公表されていない。

理由はわからないが、戦後の混乱期に結婚したようである。

結婚当時、「日本一の商売人」を目指していた夫 百福氏。

それに振り回されていた妻 仁子さんだったようです。

また、仁子さんの母親も何かと口出しが多かったようです。

そして、すべてを失った戦後の混乱期!

百福氏はすでに45歳を超えていたが、情熱は衰えなかった。

そんなどん底からの復活戦に挑み、ついに革命を起こす!

そう、チキンラーメンの開発に成功したのだ!

まさに夫婦での挑戦で世界的食文化の革命をやってのけた!

仁子さんの百福さんへの協力と支えが大輪の花を開かせる。

こんな夫妻の物語のようだが、

実は、仁子さんの事はほとんどわかっていないのだそうです。

日清食品の会社でもわからないそうなのです。

私生活が不明確の分、今回の「まんぷく」は

フィクションの要素が大きいと脚本の福田靖氏(55)が言っています。

それだけ、余計に期待してしましますね。

百福さんは96歳で、仁子さんは92歳で長寿を全うしています。

本当に素晴らしい宝をありがとうと伝えたいですね。

来年のドラマが今から楽しみです。

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

関連記事:安藤百福の歴史の漫画や日本人?が気になる!海外の反応は?

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする