小柳ルミ子のサッカー好きはいつから?にわか?の現在が気になる?

こんにちはbarikanです!

今回はサッカー大好きの歌手小柳ルミ子さんをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


歌手の小柳ルミ子さんは最近テレビではあまり見かけません?

「瀬戸の花嫁」大ブレークして

1970年代を代表する歌手になりました。

でも最近は出演回数も少ないのか

すっかり見なくなりました。

でも、意外なところで注目を集めています!

     メニュー

・小柳ルミ子さんのプロフィール

・小柳ルミ子さんのサッカー好きはいつから?

・小柳ルミ子さんのサッカー愛はにわか?それともガチ!

・小柳ルミ子さんのサッカー愛の現在は?

・小柳ルミ子さんのプロフィール

氏名:小柳 ルミ子(こやなぎ るみこ)

出生名:小柳 留美子

別名:夏川るみ・rumico(旧芸名)

ルミちゃん

生誕:1952年7月2日(65歳)

血液型:A型

出身地:福岡県福岡市早良区

学歴:宝塚音楽学校

ジャンル:歌謡曲

職業:歌手、女優

担当楽器:歌

活動期間:1970年 – 現在

歌手志望だった小柳ルミ子さんは、

筑紫女学園中学校卒業後、宝塚音楽学校に入学して首席で卒業。

初舞台だけは踏みなさいと言われ、

そのまま「夏川るみ」の名で宝塚歌劇団に入団し、2ヶ月で退団した。

その後は、歌手一直線である。

「瀬戸の花嫁」「漁火恋唄」などの大ヒット曲で

その地位を確保、持ち前の歌唱力を活かした正統派歌手として

「冬の駅」「逢いたくて北国へ」「星の砂」「お久しぶりね」など、

数々のヒット曲を飛ばした。

・小柳ルミ子さんのサッカー好きはいつから?

そんな大物歌手とサッカーが結びつかないのですが、

最初のきっかけは、あの超スーパースターである、

デビット・ベッカム選手」とのことです。

そりゃ誰でもとりこになりますよね!

なんて言ったって、イケメン!

しかもサッカーは超うまい!

サッカーのファンというより、

ベッカムのファンでしょう?そりゃ!

普通、女子のベッカムファンは、サッカーよりも本人ですね(笑)

でも小柳さんはその時、

「どうして大人も子供もスポーツに熱狂するの?」

と、ここに疑問を持ったようです。

なんとなく別格からのつながりでサッカーが

好きになっていったルミ子さん

最大のきっかけは「リオネル・メッシ」選手に出会ってからと言っています。

現在も現役で活躍する、スーパースターですね!

どこにひかれたのでしょうか?

「メッシのすべてが素晴らしいと感じたようです!

いつまでもサッカー少年のような笑顔!

誰がゴールしても一緒になって喜び!

すべてが魅力的に見えたようです!

もう、ベッカムよりメッシに本当にとりこですね!

一番好きなメッシは、デビュー当時のころだそうです。



・小柳ルミ子さんのサッカー愛はにわか?それともガチ!

最初は単なるサッカーというよりは

好きな選手がやっているスポーツと言ってようですが

ここにきてガチになってきたようです。

それは、サッカーの観戦数はもちろんですが、

そのサッカー観戦ノートを作成しているようです。

毎試合すべてノートに記録しているようです。

もうにわか仕込みのサッカーファンの域を超えてきたようですね。

1年間のサッカー観戦数は、「2190試合」なんですって!

仕事とスケジュールが被ったとしても、1日に5試合も観戦するそうですよ(笑)

実はこのノートは公開されていませんが、

プロのプレイヤーが見たところ

凄い!と絶賛の声が上がっと言いますから驚きですね。

ノートの中身は、選手の癖やデータ、動きの記録と感想などで、

結構な分析力があるのではと言われているようです。

いつかJ1の試合を解説してくれたら面白いですね!

・小柳ルミ子さんのサッカー愛の現在は?

ガチでサッカーファンになっていた小柳さん

今は、仕事がお休みの時は、20時間はずっとテレビで観戦だそうです。

お年を召しても?好きなことに没頭できるって素敵ですね!

今年、有吉ジャポンで大ファンのメッシ選手に接触がありましたね。

その時は、まじで会う前から号泣していたそうです。

そりゃ、大好きな「生メッシ」ですもんね

感激しますよね!

今のルミ子さんは、サッカー愛が止まらないようで、

相変わらず、サッカー観戦に明け暮れて

観戦ノートの記入も行っているようです。

いつか、J1のサッカー試合の会場から

小柳さんの解説が聞ける時が

着そうな感じがしますよね!

サッカーと小柳ルミ子ファンの皆様

もう少しお待ちください、

きっと実現することでしょう?

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする